開催中の展覧会

特別展アカルイ カテイ

「家族」という概念は、日本が近代化していくなかで「family」の訳語として形成され、「家庭」もまたそれにともなって価値付けられてきました。さらに戦後においては、例えば家庭科教育が導入されるなど、家庭という日々の現場が社会に主体的に関わっていくための場として鋳直されようともしたのです。現代において家族や家庭のあり方はますます多様化しています。本展は、家族や家庭をめぐる歴史や状況を振り返りながら、現代日本におけるそれらのあり方を問い、明るい光を見出そうとする試みです。

この展示の詳細情報を見る

コレクション展2019-Ⅱ コレクション・ハイライト+特集「ある心の風景Ⅱ―象徴と抽象」

本展は、当館のコレクションから選りすぐりの作品を展示し、現代美術の動向とともに表現の多様性を紹介する「コレクション・ハイライト」と、「ある心の風景Ⅱ―象徴と抽象」と題した特集展示により構成されます。特集展示では、現代美術における抽象表現を取り上げます。

この展示の詳細情報を見る

オープン・プログラムツキイチ・ワークショップ2019-20

造形を通してアートに親しむワークショップ・シリーズです。各回、身近な素材を使って、自由な発想と工夫のもとに造形を楽しんでいただきます。お子さんはもちろん、どなたでもご参加いただけます。

この展示の詳細情報を見る

ビデオアートプログラムA第67回:オーレル・フェリエ

オーレル・フェリエは、人々の生活に密接に関わりながらも日常的には意識されることのない都市のインフラストラクチャーを取り上げます。カメラはまず建設途中のビルの工事現場を一定の速度で前進し、都市インフラの象徴でもあるコンクリートをクローズアップします。

この展示の詳細情報を見る

ビデオアートプログラムB『親愛なるルイーズ』監督:ブリジット・コルナン

『親愛なるルイーズ』
1995年
監督:ブリジット・コルナン
カラー、サウンド
50’00”

この展示の詳細情報を見る

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS

メールニュース