開催中の展覧会

コレクション展2017-Ⅲ コレクション・ハイライト+特集「町の名前をひとつ」

本展は、「コレクション・ハイライト」と、特集展示「町の名前をひとつ」の二部構成になっています。「コレクション・ハイライト」では、当館コレクションから選りすぐりの作品を展示し、特集展示「町の名前をひとつ」では、「町」から連想されるものについて、いくつかの観点から考えてみようという試みです。

この展示の詳細情報を見る

オープン・プログラム小森はるか+瀬尾夏美「波のした、土のうえ」巡回展

特別展「交わるいと 「あいだ」をひらく術として」のオープンリサーチプロジェクトとして開催する本展。映像作家の小森はるかさんと、画家であり著作家でもある瀬尾夏美さんは、東日本大震災を契機に陸前高田市に移り住み、現在は仙台市に拠点を置いて活動を行っています。

この展示の詳細情報を見る

オープン・プログラムツキイチ・ワークショップ2017-18

造形を通してアートに親しむワークショップ・シリーズです。各回、身近な素材を使って、自由な発想と工夫のもとに造形を楽しんでいただきます。お子さんはもちろん、どなたでもご参加いただけます。

この展示の詳細情報を見る

ビデオアートプログラムA第58回:マット・ロウ

《バッド・オーメン》(悪い予兆)は、タイトルが示すとおり終始不穏な空気に包まれています。登場人物が身につける、細長い帯の密集する衣装は、彼の作品にしばしば用いられてきました。これらはギリースーツと呼ばれる、猟師や狙撃手が身を隠すために着用する衣服をもとにしています。

この展示の詳細情報を見る

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS