開催中の展覧会

特別展阿部展也―あくなき越境者

戦前から戦後にかけて活躍した画家、阿部展也(1913-1971)は、瀧口修造との詩画集『妖精の距離』(1937)で注目を集め、前衛写真の運動でも異才を発揮しました。戦後はシュルレアリスムからアンフォルメル、幾何学的抽象へと目まぐるしく画風の変転を遂げながら、海外の新しい美術動向の紹介も手がけるなど、一画家としての領分にとどまらない国際的視野に立つ先鋭的な活動を展開します。本展ではこの多才な作家の全貌に迫ります。

この展示の詳細情報を見る

コレクション展2018-Ⅰ コレクション・ハイライト+特集「女たちの行進」

本展は、「コレクション・ハイライト」と題した前半部分と、後半の特集展示「女たちの行進」により構成されています。「コレクション・ハイライト」では、当館コレクションから選りすぐりの作品を展示し、現代美術の動向とともに表現の多様性を紹介します。また、特集「女たちの行進」では、女性作家による作品を取り上げます。

この展示の詳細情報を見る

オープン・プログラム特別展示 オノ・ヨーコ《マイ・マミー・イズ・ビューティフル》

第8回ヒロシマ賞を受賞したオノ・ヨーコの受賞記念展「希望の路 YOKO ONO 2011」が2011年に開催されました。同展に出品された《マイ・マミー・イズ・ビューティフル》は、来場者が自分の母親への思いを直接壁に書いたり、紙に書いて貼ったりする参加型の作品です。このたび作家の承諾を得て、《マイ・マミー・イズ・ビューティフル》を再び展示いたします。

この展示の詳細情報を見る

ビデオアートプログラムBミヤギフトシ

ミヤギフトシ《花の名前》
2015年
カラー、サウンド
20’59”

この展示の詳細情報を見る

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS