殿敷侃:逆流の生まれるところ

2017年3月18日(土)-5月21日(日)

展覧会概要

「原爆の画家」「環境アーティスト」と呼ばれて。
彼は何に苦悩し、何に抗い、何を引きうけたのか。

広島出身の作家、殿敷侃(とのしき・ただし1942-1992)は29歳で画家を志し、本格的な制作を開始しました。70年代からは生活と創作の拠点を山口県の長門市に移し、両親と自身の被爆体験に向き合い緻密な点描による絵画・版画作品を制作します。その後80年代に入ると、シルクスクリーンの実験的制作や、インスタレーション的な提示方法を通して作風を大きく展開させます。また80年代半ばからは、廃棄物や漂流物を素材としたダイナミックなインスタレーションを多数実現させ、それらが現代の消費社会や環境破壊へと向けられた問題意識に基づく創作として高い評価をうけ、国内外の展覧会での発表を重ねていきます。そして、今後のさらなる活躍が期待されるなか、50歳にしてこの世を去りました。 近年、殿敷の創作が社会的なテーマへの取り組みや、地域住民との協働による制作といった観点から再評価されるなか、本展では没後25年を迎える広島ゆかりの作家として、その活動を包括的に振り返ります。30年足らずの間に目まぐるしく作風を変え、多様な展開を遂げたその変遷をたどり、また一時的なインスタレーションとして実作品が残されていない晩年の活動については記録や関連資料を紹介しながら、殿敷侃という作家の全貌に迫ります。

「逆流」とは、晩年の殿敷が自身の制作に対して用いた言葉で、忘れられた記憶や、脇に追いやられた存在が、強引に人びとの意識の上に現れる様を意味しています。殿敷が引き起こした逆流とは、彼が何に苦悩し、何に抗い、何を引き受けて生み出されたものなのか、そして、彼の残した足跡が私たちにどのような逆流を引き起こし得るのか。本展はその問いに答えるためのヒントとなるはずです。

会期/2017年3月18日(土)~5月21日(日)

開館時間/10:00〜17:00 ※入場は16:30まで

休館日/月曜日(ただし3月20日は開館)、3月21日(火)

観覧料/一般1,030(820)円、大学生720(620)円、高校生・65歳以上510(410)円、中学生以下無料 
※( )内は前売りおよび30名以上の団体料金 ※5月5日(こどもの日)は高校生以下無料

主催/広島市現代美術館、中国新聞社

後援/広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送

作品紹介

1.何くそ、こんな絵は…:初期具象からポップアート的絵画へ

1964-1970

不明 1966年

不明 1966年/油彩・合板

《は2》1970年

《は2》1970年/油彩・キャンバス

高校卒業後、国鉄職員として勤める傍ら大学の夜間コースに学んでいた殿敷は、1962年に肝臓の疾患により長期療養を余儀なくされました。その際、病院内の絵画教室に参加したことが、制作を始める契機となります。1964年より広島職場美術展、国鉄美術会展、広島平和美術展などに出品を始め、66年には新制作展で《否定の叫び(B)》が初入選を果たします。一方で「サークルアンパン」「グループ目」「広島青年アンデパンダン」といった、若手を中心とした作家の交流や絵画研究、作品発表の場を作り出す活動にも取り組みました。1966年の風景画(タイトル不明)の裏面には「何くそ こんな絵は書きたくない」と荒々しく記されています。この時期すでに、彼にとっての絵画制作が余暇の域を超えていたがゆえの、焦りやもどかしさを物語っているようです。
厚塗りした絵具のマチエールを際立たせた当初の重々しい作風は、手形や道路標識、数字や矢印といった記号的なモチーフが明るく平滑な画面に反復され、軽やかで洗練された印象を与えるものとなっていきます。
その後、東京でより本格的に美術を学ぶべく首都圏への転属を希望し、1970年に川崎駅の勤務となりました。この頃のシリーズ「は」では、広島の原爆で亡くなった人の姿が描かれており、明るさのなかに不穏さを湛えています。そして72年には国鉄を退職、山口県の長門市に移り住み、作品制作に打ち込む生活を始めました。

2.たたみ込まれた執念:点描と銅版画の実験

1970-1980

《釋妙昭信女A(じゅばん)》

《釋妙昭信女A(じゅばん)》
1978年/油彩・キャンバス

《カニ》1978年

《カニ》1978年/エッチング、アクアチント・紙

1970年代に入ると、点描を中心とした細密描写へと向かっていきます。首のない人体や、キノコ雲といった不穏なモチーフが、緻密な点の集積によって描かれました。その後、点描は油彩にも現れ、特に原爆で失った両親にまつわる品々をモチーフとした「釋寛量信士」(しゃくかんりょうしんし)「釋妙昭信女」(しゃくみょうしょうしんにょ)が注目を集めます。美術評論家・久保貞次郎に才能を見出され、具象絵画の登竜門であった安井賞への推薦を受け、1979年とその翌年には、それぞれ《釋妙昭信女A(じゅばん)》《作業着》が入選を果たします。久保は殿敷の点描によるペン画作品を初めて見たときの印象について、「執念がたたみこまれていた」と述べています。
また、久保貞次郎は殿敷に版画制作を勧めたことで、創作にいっそうの広がりを与えました。銅版画のプレス機を買い与え、基礎的な技術を学ぶ機会を提供し、作品への助言も行なっています。その集大成となったのが、1978年に銀座の飯田画廊別館にて開催された久保の企画による個展でした。
その後も殿敷は版画制作を続け、エッチングによる細密な描画から、モチーフの実物を型取りし、転写したような作品へと移行していきました。このようにして、物体の痕跡そのものを写し取るような銅版画の実験が、絵画制作とともに1980年頃まで続けられました。

3.上手く描くと忘れ物をする:長門という場所での創作

記録写真 1973年-

記録写真 1973年-/写真プリント 松岡正純氏蔵

不明 (制作年不明)

不明 (制作年不明)/油彩・キャンバス

1972年に国鉄を退職し、移り住んだ山口県の海沿いの町、長門市は、殿敷の創作活動を支えるとともに、多大な影響を与えました。地域の人びととの交流、日本海の眺めや自然環境、そして地方に住むことで意識されることとなった地方と中央との関係など、この地に暮らし制作することは、後の殿敷の創作に重要な要素を付け加えます。
殿敷は1972年に絵画教室を開きました。当初は作家自宅のアトリエで、小学生までを対象とした「銀の星」と、大人を対象とした「美術研究所」とが開設され、のちに市内の別の場所にも教室を設けました。この教室が母体となって75年には「かこう会」というグループが生まれます。美術制作に馴染みのなかった人びとをも巻き込み、技術的な指導だけでなく、表現することの意義を各人がしっかりと持つよう促しました。そして、生徒には「上手く描いてはいけない。上手く描くと忘れ物をする」と語ったと言われています。
また、1973年からは、松岡材木店外壁のコンクリート塀を飾る壁画を手がけ、時には自身が描き、時には教え子たちの制作を監修するなど、その後15年以上にわたりかかわることとなりました。子どもたちへの指導として海岸の漂着物を拾い集め、作品の素材として活用する試みや、アトリエを多くの人びとが集う場として位置づけること、あるいは町の只中に壁画を出現させるなど、地域の人びとの日々の暮らしに介在する表現のあり方が長門の地で実践されました。

4.埋め尽くすものと、隙間からのぞくもの:反復と集積による表現

1980-1985

《霊地》1980-81年頃

《霊地》1980-81年頃/シルクスクリーン・紙

《数字(赤)》1984年

《数字(赤)》1984年/ゴムスタンプ・紙

アンディ・ウォーホルの作品に衝撃を受けた殿敷は、広島で工房を営む斉藤伸三との出会いを契機として、80年代に入りシルクスクリーン版画の制作を始めました。最初期の「霊地」シリーズは、小さな三日月状の形態が反復され、画面全体にグラデーションを生み出しています。この形態は、絵画作品《釋寛量信士(父のつめ)》に描かれた爪の形をもとにしており、「父の霊が地表から湧き出るイメージ」として表されました。さらにこのパターンをポスターや新聞紙などと重ね合わせ、現代の消費社会の有り様にオーバーラップさせた作品へと展開し、西武美術館版画大賞展において第二席を獲得するなど高く評価されました。
またこの技法は、写真原版の利用、拡大や反復を可能にしました。それにより、直接的に原爆を喚起するイメージを大画面に反復させる《ATOMIC BOMB》や《HYDROGEN BOMB》といった、迫力ある作品が生み出されます。さらには大型作品の野外設置など、後のインスタレーション的展開を予感させる試みも行なわれました。
1982年頃からは、ボールペンや鉛筆によるストローク、あるいはゴムスタンプを密集させることで画面を均一に埋め尽くす作品へと移行します。シルクスクリーン版画においては比較的容易であった画面を埋め尽くす行為が、これらの作品においては状況が一変し、気の遠くなるような手作業の反復が必要とされます。それゆえにいっそう、集積の密度と量とが見る者を圧倒する画面を生み出すこととなりました。

5.逆流する現実:廃材によるインスタレーション

1983-1991

《山口-日本海-二位ノ浜、お好み焼き》記録写真 1987年

《山口-日本海-二位ノ浜、お好み焼き》記録写真
1987年/二位ノ浜(山口県、大津郡日置町)での
制作風景
撮影:読売新聞社

《夢装置》記録写真 1991年

《夢装置》記録写真
1991年/川尻岬(山口県油谷町)での展示風景
撮影:宮崎茂

殿敷は、集積で埋め尽くす手法を空間に対して用い、インスタレーション作品へと展開させていきます。1983年の《黒のEVENT》は、会場の白い壁面を観客とともに鉛筆で黒く塗りつぶすもので、壁や窓を塗り込め、人びとの視野に色彩をオーバーラップさせる一連の作品へとつながっていきます。
そして、同年の《THE BUNCH of THE BLACK REBEL》(黒の反逆集団)では美術館の前庭に大量の廃材をぶちまけるように配置し、場を物によって埋め尽くしました。ここに見られる廃材の利用や空間を占拠するような作品展示は、その後、晩年に至るまで、より大規模に多くの人びとを巻き込むプロジェクトへと発展します。「逆流する現実」とは、自身が監修し1983年から89年までの作品を収録した作品集のタイトルであり、現代社会において脇に追いやられた記憶や事物が、強引に人びとの意識にのぼらされる事態を指し示しています。
一方で、これらのインスタレーション作品に類似した素材や技法によって、多くの立体作品、平面作品も制作しました。そこには、当時の殿敷の造形性が凝縮されており、素材や加工によって生じる質感を通じて、現存しないインスタレーション作品の様子を思い浮かべる手がかりともなります。
殿敷による一連のインスタレーション作品において、特徴的であった美術館やギャラリーの空間を強引に浸食するような一種の暴力性は、次第に影をひそめていきます。そして晩年の作品は、廃棄物や自然に対する愛着を感じさせる、弔いまたは再生の儀式のような象徴性を帯びていきました。

関連プログラム

講演会

2017年4月8日(土)14:00~15:30

講師:十二代 三輪休雪氏(陶芸作家)
伝統の中から革新的な表現を展開し、陶芸の新しい地平を切り開いてきた十二代 三輪休雪氏。殿敷侃との親交を通じて垣間見た、作家としての姿勢について語ります。
会場:地下1階ミュージアムスタジオ

※要展覧会チケット(半券可)、事前申込不要

三輪休雪オフィシャルサイト


講演会

2017年4月29日(土)14:00~15:30

講師:柿木伸之氏(広島市立大学准教授・哲学、美学)
ドイツ思想の研究とともにヒロシマについての思考を重ねている研究者が、殿敷侃の芸術を、現代芸術の展開のなかで、かつ今の問題としてヒロシマを考えさせる力において見直す可能性を探ります。
会場:地下1階ミュージアムスタジオ

※要展覧会チケット(半券可)、事前申込不要

ワークショップ 「シルクスクリーンを体験してみよう」

2017年4月23日(日)13:30~17:00

殿敷侃の作品制作を手がけたプリンター・斉藤伸三氏を講師に、シルクスクリーン版画を体験するワークショップです。
美術館が用意した版をつかって、図柄を鏡に転写します。
講師:斉藤伸三氏(スクリーン印刷・殿敷侃制作協力者)
定員:20名/参加無料

※要事前申込、申込多数の場合は抽選

お申込みはこちら


学芸員によるギャラリー・トーク

2017年3月18日(土)、5月7日(日)14:00~15:00

担当学芸員による展示解説

※要展覧会チケット、事前申込不要

アートナビ・ツアー

毎週土曜日、日曜日、祝日 11:00~および14:00~(学芸員によるギャラリー・トーク開催時は除く)

アートナビゲーターによる展示解説

※要展覧会チケット、事前申込不要

展覧会カタログ

価格:3,672円(税込)
ページ数:280ページ
仕様:B5
企画・監修:広島市現代美術館
ブックデザイン:中野豪雄(中野デザイン事務所)
印刷:株式会社ライブアートブックス
制作・発行:grambooks

展覧会カタログ 通信販売はこちら

※会期終了後の購入について

売り切れ及び価格や送料が変更になる可能性がありますので、
館ウェブサイトのショップページでご確認ください。

[目次]

  • 序にかえて―殿敷侃についての覚書 寺口淳治(広島市現代美術館副館長)
  • Ⅰ 何くそ、こんな絵は…:初期具象からポップアート的絵画へ 1964-1970
  • Ⅱ たたみ込まれた執念:点描と銅版画の実験 1970-1980
  • Ⅲ 上手く描くと忘れ物をする:長門という場所での創作 
  • Ⅳ 埋め尽くすものと、隙間からのぞくもの:反復と集積による表現 1980-1985
  • Ⅴ 逆流する現実:廃材によるインスタレーション 1983-1991
  • 逆流の生まれるところ 松岡剛(広島市現代美術館学芸員)
  • 年譜
  • 文献リスト
  • 出品リスト
ページのトップへ戻る