コンペイトウ、遺留品研究所

ともに60年代後半に結成された、若き建築科学生たちによるグループ「コンペイトウ」と「遺留品研究所」。東京の都市空間にまつわる調査を行い、雑誌上で発表した。調査される対象にも重きを置いた彼らの活動からは、1960年代後半に国内の大学の建築研究室を中心に進められてきた「デザインサーヴェイ」という動向への批判的な姿勢を見出すことができる。

コンペイトウ「アメヨコは東京の村」より 1971年 ©コンペイトウ