オープン・プログラム特別展示 オノ・ヨーコ《マイ・マミー・イズ・ビューティフル》

広島市現代美術館では、広島市が現代美術の分野で人類の平和に貢献した作家に3年に一度授与する「ヒロシマ賞」の受賞記念展を開催してきました。2011年には第8回ヒロシマ賞を受賞したオノ・ヨーコの受賞記念展「希望の路 YOKO ONO 2011」が開催されました。
同展に出品された《マイ・マミー・イズ・ビューティフル》は、来場者が自分の母親への思いを直接壁に書いたり、紙に書いて貼ったりする参加型の作品です。展示に際しては、インストラクションとともに、作家自身も自らお母さんへの思いを壁に記しました。個人的な母親へのメッセージの数々が、大きなひとつの壁に展示され、やがて広島の母親のために、そして世界中の母親のために捧げられる作品となりました。展覧会終了後、作家からこの作品の寄贈を受け、当館のコレクションとなっています。
このたび作家の承諾を得て、《マイ・マミー・イズ・ビューティフル》を再び展示いたします。

コレクション作品上映『オノ・ヨーコ:これはここにはない』監督:飯村隆彦(2018/5/20~6/17)も同時開催。

基本事項

会期 2018年2月24日(土)~6月17日(日)
開館時間 10:00~17:00
休館日 月曜日(ただし、4月30日は開館)、5月1日(火)
観覧料 無料

《マイ・マミー・イズ・ビューティフル》展示風景(2011 年)


上記すべて
Photo: Keiichi Moto (Life Market Co., Ltd.)

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS

メールニュース