特別展マーティン・クリード


マーテイン・クリード(1968年生まれ、ロンドン在住)は、1990年代初頭に活動をはじめ、日常とアートが境なく続いていることを、時にユーモラスに、またラディカルなほどシンプルな形体や手法によって表現してきました。2001年にはイギリスで活躍する現代美術家に授与される「ターナー賞」を受賞し、その活動は国際的に大きな注目を浴びています。クリードは、身のまわりにあるものに触発され、音や光といった形のないものさえも素材として、絵画、ドローイング、立体、映像、サウンド・インスタレーションなど、多様な作品を創り出してきました。

本展は、代表作から広島市現代美術館のための新作、日本初演となる交響楽団による作品演奏まで、アートに対する凝り固まった既成概念を大きく揺るがし続ける気鋭のコンセプチュアルアーティストの試みを、包括的かつ野心的に紹介するアジア初の展覧会です。

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS