特別展山口啓介 後ろむきに前に歩く

美術家 山口啓介(1962-)は1980年代後半、方舟を描いた大型の銅版画作品でデビューし、一躍注目を浴びます。以後は版画にとどまらず、花や種子、心臓、人体とモチーフを変化させながら、絵画や立体などさまざまなかたちで作品を生みだしてきました。
一方、東日本大震災が起きた3日後、2011年3月14日から山口は、後に《震災後ノート》と名付けることになる「日記」をつけはじめ、今日まで1日も欠かさず書きつづけてもいます。原子力発電にまつわる情報を中心にした日々のニュースがひたすら書き写されるそのノートは、現実の流れに抗して自分の足で歩こうとする山口の意志の現れといえるでしょう。
「人は未来を見ることはできず、見えるのは過去か、今という瞬間だけだから、後ろむきに前に進んでいるようなものだ。」そう語る山口は現在、重なる顔をモチーフにした大型絵画の制作に力を注ぎ、いよいよ力強いイメージを実現しています。もはやまっすぐ進むことも困難なほどのたくさんの過去や記憶を背負いながら、それでもなお歩きつづけるための術を、山口とともに探ってみます。

展覧会チラシ(PDF:579KB)

基本事項

会期 2019年6月8日(土)~9月4日(水)
開館時間 10:00~17:00
※入場は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(ただし、7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)、8月13日(火)
観覧料 一般1,000円(800円)、大学生700円(600円)、
高校生・65歳以上500円(400円)、中学生以下無料
※( )内は前売り及び30名以上の団体料金
前売り券の取り扱い場所一覧
主催 広島市現代美術館、中国新聞社
協力 花の森みやもと、とくなが園芸
後援 広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送

関連プログラム

2019年6月8日(土)14:00~15:30
アーティスト・トーク

講師:山口啓介
場所:展覧会場
※要展覧会チケット、申込不要


2019年6月29日(土)10:30~15:30
カセットプラント・ワークショップ

カセットテープのケースの中に乾燥させた植物と樹脂を封入し、積み重ねる「カセットプラント」の作品を、作家と一緒につくって、美術館に展示します。
講師:山口啓介
対象:中学生以上
定員:20名
※参加無料、要事前申込、応募者多数の場合は抽選

※モカパス会員は優先参加が可能です。モカパス

[申込方法]
下記応募フォームから、または往復はがきに、ワークショップの名前、参加希望者の氏名(1通につき2名まで)、年齢、住所、電話番号を明記の上、ご応募ください。
往復はがき宛先:
〒732-0815 広島市南区比治山公園1-1 広島市現代美術館「山口啓介展 ワークショップ」係
締切:2019年6月11日(火)必着


参加者全員の氏名・年齢 (必須)
*中学生以上
*記載は2名まで

例:現美 太郎(18才)
メールアドレス (必須)
電話番号 (必須)
例:082-264-1121
住所

※携帯メールで応募の場合は、当館アドレス(hcmca@hcmca.cf.city.hiroshima.jp)からのメールを受信できるよう設定してください。
※応募後、当館からの内容確認メール(自動返信)が届かない場合は、お手数ですがメール受信設定をご確認の上、再度ご応募下さい。
※登録頂きました内容は、当イベントに関するご連絡以外の目的では使用致しません。
※当該個人情報は、法令で定められた場合を除き無断で第三者に情報提供することはございません。


2019年7月7日(日)14:00~16:00
対談「美術とともに歩くために」

講師:山口啓介、島 敦彦(金沢21世紀美術館 館長)
会場:地下1階ミュージアムスタジオ
定員:80名
※要展覧会チケット(半券可)※当日10:00より受付にて整理券を配布いたします。


2019年6月22日(土)、7月15日(月・祝)、8月17日(土)いずれも14:00~15:00
学芸員によるギャラリートーク

本展担当学芸員が展覧会について解説します。
※要展覧会チケット、申込不要


毎週土曜、日曜、祝日
各日11:00~11:30 および 14:00~14:30(対談、トーク開催時は除く)
アートナビ・ツアー

アートナビゲーターが展覧会について解説します。
※要展覧会チケット、申込不要


モカパス会員の関連プログラム優先受付についてモカパス

モカパス会員は上記関連プログラムの優先参加が可能です。申込方法等詳細はこちらをご覧ください。
【申込締切日】
■カセットプラント・ワークショップ/2019年6月1日(土)
■対談「美術とともに歩くために」/2019年6月27日(木)

市内2館との観覧料相互割引企画について

・広島県立美術館 hpam.jp
「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」(2019年7月13日(土) ~8月25日(日) )
・ひろしま美術館 hiroshima-museum.jp
「かこさとしの世界展」(2019年6月15日(土)~8月4日(日))
ポーラ美術館×ひろしま美術館共同企画 印象派、記憶への旅」(2019年8月10日(土)~10月27日(日))

上記展覧会のチケット半券提示で、本展観覧料が100円割引になります。
また、本展チケット半券を提示すれば、上記展覧会が100円割引になります。
※1枚につき1名様限り有効です。
※所蔵作品展(コレクション展)は対象外です。
※割引の併用はできません。

《Calder Hall Ship-ENOLA GAY》1994 西宮市大谷記念美術館蔵

《象の檻(赤)》1995 作家蔵

カセットプラント《光の樹/粒子と稜線》2005 作家蔵

《方舟光の樹1》2012 作家蔵

《共存する2つの顔、世界 / のためのcore》2018 作家蔵

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS

メールニュース