コレクション展2018-Ⅰ コレクション・ハイライト+特集「女たちの行進」


本展は、「コレクション・ハイライト」と題した前半部分と、後半の特集展示「女たちの行進」により構成されています。

「コレクション・ハイライト」では、当館コレクションから選りすぐりの作品を展示し、現代美術の動向とともに表現の多様性を紹介します。また、特集「女たちの行進」では、女性作家による作品を取り上げます。2017年は女性に対する差別の告発や女性の権利をめぐる動きに注目が集まり、「フェミニズム」という言葉がクローズアップされた一年でした。美術の世界では、1960年代後半から80年代にかけて、欧米を中心にフェミニズムへの関心が高まり、過去に見過ごされてきた女性作家を発掘し、美術史や美術館という公の場に女性が参加することに貢献してきました。日本においても1990年代に欧米のフェミニズム・アートの紹介や研究の翻訳が盛んになり、女性作家に焦点を当てた展覧会が開催され、美術館で作品が収集されるようになりました。当館も開館以来、女性作家による作品を収集してきましたが、作家数で見ると、その割合は全体の1割に過ぎません。今回の特集では、その中から約3分の2にあたる作家たちの作品を紹介します。

優れた作品によって現代美術の流れを概観することのできる「コレクション・ハイライト」と今回の特集展示を対比的にみることで、女性作家たちの作品が美術のメインストリームとどのように関わってきたのかについて改めて考えることができるかもしれません。

出品作家

●コレクション・ハイライト(※展示予定順)
マルセル・デュシャン、ジャン・アルプ、アルベルト・ジャコメッティ、ヘンリー・ムーア、
カレル・アペル、レオン・ゴラブ、工藤哲巳、イヴ・クライン、中西夏之、高松次郎、荒川修作、
三木富雄、白髪一雄、 元永定正、篠原有司男、ロバート・ラウシェンバーグ、フランク・ステラ、
ドナルド・ジャッド、河原温
●特集「女たちの行進」(※展示予定順)
ルイーズ・ニーヴェルソン、アグネス・マーチン、ナンシー・スペロ、田中敦子、福島秀子、内間俊子、
草間彌生、荒木高子、マグダレーナ・アバカノヴィッチ、オノ・ヨーコ、石内都、シンディ・シャーマン、
やなぎみわ、澤田知子、オノデラユキ、堂本右美、吉澤美香、石川順恵、日高理恵子、青木野枝

開催概要

会期 2018年2月24日(土) ~6月17日(日)
開館時間 10:00~17:00
※入場は閉館30分前まで 
休館日 月曜日(4月30日は開館)、5月1日(火)
観覧料 一般300(250)円、大学生200(150)円、高校生・65歳以上150(100)円、中学生以下無料
※( )内は30名以上の団体料金
主催 広島市現代美術館

アートナビ・ツアー
毎週土日、祝日 11:45~12:15および14:45~15:15
アートナビゲーターが展覧会について解説します。展示室入口にお集まりください。

草間彌生《ザ・マン》1963
©YAYOI KUSAMA

シンディ・シャーマン《無題》1983
Courtesy of the artist and Metro Pictures, New York

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS