終了

リニューアルオープン記念特別展
Before/After

2023年3月18日(土) — 6月18日(日)

広島市現代美術館は、約2年3ヵ月の大規模改修工事を経て、2023年3月に迎えるリニューアルオープンに際し、記念特別展「Before/After」を開催いたします。全館を会場とする本展は、これまでを大切にしつつも、様変わりを果たした美術館の全貌を披露する機会でもあります。改修工事後の建物には、いくつもの変わった箇所がありますが、本展ではこのようになにかがきっかけとなって生じる、さまざまな「まえ」と「あと」の現象や状況に着目します。例えば、経年による物質の変化や劣化は、通常は否定的に捉えられがちですが、あえて肯定的に向き合ってみるとどうなるでしょうか。また、核兵器として利用された原子力が、その後、エネルギー源として世界に繁栄をもたらすと信じられたように、歴史を振り返れば、いくつもの分岐点としての出来事や決断があり、変更や変化が起こってきたことに気づくでしょう。本展は、アーティストによる鋭敏な眼差し、そして歴史的視座を通して、事物の前と後、あるいはそのあいだ、その重なり合いに迫ります。こうした探求にふさわしいアーティストたちを導き手とし、彼・彼女らの手による当館コレクション作品、さらには今回のために制作された新作を交えて紹介します。その体験の前と後では、ほんの少し、あなたのなにかが変わっている。そんな新たな広島市現代美術館にご期待ください。

展覧会チラシ

出品作家

靉嘔、石内都*、伊藤公象、井上覚造、大岩オスカール、岡本太郎、デニス・オッペンハイム、オノ・ヨーコ、河原温、コウミユキ*、笹岡啓子、鴫剛、四國五郎、下道基行、新生タイポ・プロジェクト(岡澤慶秀、岡本健+)、SUPERFLEX、菅井汲、ナンシー・スペロ、髙橋銑*、高山良策、竹村京*、田中功起、田村友一郎*、蔡國強、土田ヒロミ、殿敷侃、毒山凡太朗*、2m26、シリン・ネシャット、ダラ・バーンバウム、浜田知明、ジョン・バルデッサリ、平田尚也*、吹田文明、キース・ヘリング、細江英公、松澤宥、南薫造、宮川啓五、ヘンリー・ムーア、森村泰昌、ヤノベケンジ、横山奈美*、若林奮、和田礼治郎*

*のついたアーティストは、本展のために新作を発表

VRを利用した平田尚也作品の鑑賞について

平田作品の一部はVRゴーグルを装着して鑑賞していただけます。ご希望の方は、以下フォームより事前予約の上、ご来場ください。なお、空きがある場合に限り、当日会場でも申込み可能です。

※1名様ずつご予約ください
※鑑賞時間の目安は約20分
※13歳以上が対象


シリン・ネシャット《Land of Dreams》2019
Courtesy of the artist and Gladstone Gallery
© Shirin Neshat

コウミユキ《Stand Up!》Series「駆け出した犬、浮遊する象」2019
瀬戸内国際芸術祭2019/小豆島・三都半島 での展示風景

平田尚也《Repetition game》2017

横山奈美《LOVE》2022  Photo: Hayato Wakabayashi

和田礼治郎《禁断の果実》(部分)2016 パリ・レコレ国際センターでの展示風景 Photo: Martin Argyroglo

毒山凡太朗《Long Way Home》2022
© Bontaro DOKUYAMA

竹村京 左:《修復されたG.美術館の電球》2019 右:《修復されたT.家の電球》2019
Photo: Shinya Kigure

髙橋銑《Cast and Rot No.13》2021 Photo: Ichiro Mishima Courtesy of LEESAYA

石内都《The Drowned#2》2020  Courtesy of The Third Gallery Aya  © Ishiuchi Miyako

田村友一郎《ずるい彼》2019
「開館30周年記念特別展 美術館の七燈」展示風景、広島市現代美術館
Photo:Kenichi Hanada

河原温
SEPT. 8, 1984 《Today》シリーズ(1966–2013)より
© One Million Years Foundation

オノ・ヨーコ《夢》2012

若林奮《DOME》1988

田中功起《everything is everything》2005-2006

基本情報

会期
2023年3月18日(土) — 6月18日(日)
開館時間
10:00–17:00

※入場は閉館の30分前まで

会場
広島市現代美術館 A展示室・B展示室
休館日
月曜日
観覧料
一般1,600円(1,250円)、大学生1,200円(900円)、高校生・65歳以上800円(600円)、中学生以下無料
※( )内は前売り及び30名以上の団体料金

【前売券】※販売は3/17(金)まで
オンラインショップ「339」
チケットぴあ〈Pコード 686-367〉
主催
広島市現代美術館
後援
広島県、広島市教育委員会、中国新聞社、朝日新聞広島総局、毎日新聞広島支局、 読売新聞広島総局、NHK広島放送局、中国放送、テレビ新広島、広島テレビ、 広島ホームテレビ、広島エフエム放送、尾道エフエム放送
協賛
丸子硝子株式会社
協力
KENJI TAKI GALLERY、LEESAYA、SCAI THE BATHHOUSE、S.O.C. Satoko Oe Contemporary、The Third Gallery Aya

関連イベント

展覧会カタログ

価格|3,500円+税
判型|A4版変形(280×210mm)
頁数|256頁

執筆
エッセイ|寺口淳治、角奈緒子、国広詞恵、松岡剛、竹口浩司
作家解説|広島市現代美術館学芸員
年表作成|小野佳奈、清水和音
編集|松岡剛、角奈緒子
編集補|笹野摩耶、清水和音
アートディレクション|岡本健+
ブックデザイン|岡本健+、仙次織絵(okamoto tsuyoshi+)
印刷|柏村印刷株式会社
発行|広島市現代美美術館

目次
序にかえて 寺口 淳治
Before/After(仮) 角 奈緒子
#見取図 #Diagram

#現在地 #新旧 #大規模改修 …
#物質 #劣化 #変化…
#延命 #残る #remain…
#dream #nightmare #虚構と現実…
#歴史 #忘却 #共生…
#核エネルギー #原子力 #核兵器…
#楽園 #ユートピア #追放…
#爆発 #破壊 #火薬…
#建築とモニュメント #産業奨励 #陳列…
#戦争 #遺構 #無常 #自然災害…
#治癒 #普遍 #不変…
#再展示 #serpentine #1989/2023…
#ツールボックス #workshopstation #リターンズ…
#タイポグラフィ #収集 #rebirth…
#welcomeback #出張 #ただいま…

shunshun 野外彫刻マップ、新陳代謝マップ
#ゲンビの工事日記
「#ゲンビの工事日記」な現場と日々 国広 詞恵
施設改修におけるBeforeとAfter、その間と、その後 松岡 剛
新しい〈公共〉としての美術館へ 竹口 浩司

資料篇
田中 功起《拡張されたアーカイブ》より
田村 友一郎《ガラスの花嫁》より
2m26「ツールボックス・プロジェクト」より
新生タイポ・プロジェクトより
原子力・核エネルギー関連年表
原爆ドーム来歴
出品リスト
Before/After 関連プログラム
作家索引

オンラインショップ「339」

リニューアルオープンの様子

展示風景

イベント・カレンダー