イベント・アーカイブ

2014年度のイベント

2016 / 2015 / 2014 / 2013

特別展・関連イベント 上映会映画上映「利休」

特別展「赤瀬川原平の芸術原論」関連プログラム。赤瀬川原平が脚本を手がけた、千利休を題材とした映画作品「利休」(1989年)は、監督を勅使河原宏がつとめ、音楽は武満徹が担当するなど、前衛芸術家による演出に加え、豪華な出演陣やセットなど、見どころの多い作品です。赤瀬川が自身の表現と利休の美学に共通点を見出す契機となった本作を特別上映します。

会場:地下1階ミュージアムスタジオ
定員:100名
※申込不要、要展覧会チケット(半券可)

特別展・関連イベント トーク松田哲夫+山下裕二トークショー「赤瀬川原平とは何者か」

特別展「赤瀬川原平の芸術原論展」関連プログラム。学生時代に赤瀬川原平と出会い、共通の関心に基づいた数々の活動を展開した松田哲夫氏(編集者、元筑摩書房専務取締役)、そして赤瀬川とともに「日本美術応援団」を結成し、90年代以降日本各地をともに取材し数々の対談を行った山下裕二氏(美術史家、明治学院大学教授)。赤瀬川原平とともに活動を展開した両氏が、その活動について、そして親交を通じて垣間見た人物像について語り合い、赤瀬川原平という多才な表現者の全貌に迫ります。

会場:地下1階ミュージアムスタジオ
定員:120名
※要展覧会チケット(半券可)
※当日10:00より受付にて整理券を配布いたします。

上:松田哲夫 写真:坂本真典
下:山下裕二

オープンプログラム ワークショップツキイチ・ワークショップ2014 「ねんど場オープン!」

たくさんのねんどをすきなだけつかって、自由にあそびましょう!なにかをつくっても、かたまりをふんだり、こねたりして手ざわりを楽しんでもOK。ねんどでどんなことができるかな?
※参加無料、申込不要
※開催時間中は入退場自由です、お好きな時間にお越しください(混雑状況によって、お待ちいただく場合がございます)
※汚れてもよい服装でお越しください。手足をふくタオル等を持参してください。

参考写真

特別展・関連イベント その他コレクター訪問「ヒロセコレクション」

特別展「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」関連プログラム。広島市内で自身のコレクションを紹介するためのスペースを開設しているコレクター、広瀬脩二氏を訪問し、直接お話を聞きながら、作品鑑賞を楽しみます。
第1回:ハンネ・ダルボーフェン展(2015年1月10日(土)14:00-15:00)
第2回:グループ展(2015年2月22日(日)14:00-15:00)

場所:ヒロセコレクション(広島市中区千田町3-9-10)
定員:20名
参加費:500円(他、交通費自己負担)、現地集合・解散
※要事前申込、申込多数の場合は抽選

特別展・関連イベント トークスペシャル・レクチャー「収集家としての杉本博司」

特別展「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」関連プログラム。作品をつくるアーティストの中にも、なにかを収集することに虜になった「コレクター」がいます。本展出品作家であり、収集家としても知られる杉本博司氏を迎え、収集の対象や楽しみ、意義などをお話しいただきます。

講師:杉本博司氏
会場:地下1階ミュージアムスタジオ
定員:120名
※要展覧会チケット(半券可)※当日10:00より受付にて整理券を配布いたします。

杉本博司 《ティレニア海、コンカ》1994 © Hiroshi Sugimoto/ Courtesy of Gallery Koyanagi

特別展・関連イベント トーク学芸員によるギャラリートーク&コレクター・チャレンジ

特別展「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」の担当学芸員が展覧会について解説します。トーク終了後にコレクター疑似体験システム「コレクター・チャレンジ」を体験いただけます。
※要展覧会チケット、事前申込不要

参考写真
参考写真

オープンプログラム ワークショップツキイチ・ワークショップ2014 「ねんどでかおをつくろう!」

ねんどをつかってひとのかおをつくってみましょう。あなたのかおでも、おかあさんやおとうさん、ともだちのかおでもよいですよ。つくったかおはおいてある白い台にのせてみましょう。どんなふうにみえるかな?
※参加無料、申込不要
※開催時間中は入退場自由です、お好きな時間にお越しください(混雑状況によって、お待ちいただく場合がございます)
※ねんどを持ち帰ることはできません

参考写真

オープンプログラム ワークショップツキイチ・ワークショップ2014 「ねんどでかおをつくろう!」

ねんどをつかってひとのかおをつくってみましょう。あなたのかおでも、おかあさんやおとうさん、ともだちのかおでもよいですよ。つくったかおはおいてある白い台にのせてみましょう。どんなふうにみえるかな?
※参加無料、申込不要
※開催時間中は入退場自由です、お好きな時間にお越しください(混雑状況によって、お待ちいただく場合がございます)
※ねんどを持ち帰ることはできません

参考写真

特別展・関連イベント トークオープニング・レクチャー「コレクターと美術館」

特別展「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」の開幕に合わせ、同展企画者である保坂健二朗氏(東京国立近代美術館、主任研究員)を講師に迎え、アートをめぐるコレクターと美術館の関係を軸に、美術の価値についてお話しいただきます。また、コレクター疑似体験システム「コレクター・チャレンジ」の楽しみ方を伝授いただきます。

会場:地下1階ミュージアムスタジオ
定員:100名
※要展覧会チケット(半券可)、事前申込不要

オープンプログラム ワークショップツキイチ・ワークショップ2014 「ブロックでおうちをつくろう!」

カラフルなブロックをつかって、おうちをつくってみましょう。だれがすんでいる、どんなおうちをつくりたいかな?
※参加無料、申込不要
※開催時間中は入退場自由です、お好きな時間にお越しください(混雑状況によって、お待ちいただく場合がございます)

参考写真

特別展・関連イベント トーク学芸員によるギャラリー・トーク

特別展「戦後日本住宅伝説」担当学芸員によるギャラリー・トークを開催します。現代アートは難しい? よく分からない? そんな方におススメの解説ツアー。いつもとちょっと違う視点で展覧会を楽しみながら、もっと現代アートが身近になる人気プログラムです。
※要展覧会チケット、申込不要

参考写真
参考写真

オープンプログラム・関連イベント トークスペシャルトーク「コンペと作家の関係」

「ゲンビどこでも企画公募2014展」に関連して、特別審査員の八谷和彦氏と担当学芸員によるトークを開催します。

八谷和彦

オープンプログラム・関連イベント その他ゲンビどこでも企画公募2014「オタフクソースの日」

「ゲンビどこでも企画公募2014展」を鑑賞して観客賞に投票いただいた先着50名様に、本展の地元協力企業であるオタフクソース株式会社より提供の「広島お好み焼こだわりセット」をプレゼントします。(プレゼントがなくなり次第、終了いたします)

広島お好み焼こだわりセット(イメージ)

オープンプログラム・関連イベント その他ゲンビどこでも企画公募2014「広島アンデルセンの日」

「ゲンビどこでも企画公募2014展」を鑑賞して観客賞に投票いただいた先着50名様に、本展の地元協力企業である広島アンデルセンより提供の「石窯食パン」をプレゼントします。(プレゼントがなくなり次第、終了いたします)

石窯食パン

特別展・関連イベント その他谷尻誠と行く、住宅・建築実見ツアー

特別展「戦後日本住宅伝説」関連プログラム。坂の街・尾道で谷尻氏が設計を手がけた住宅やサイクリストのための施設(ONOMICHI U2)を歩いてめぐります。

案内人:谷尻誠(建築家)
場所:尾道周辺(現地集合、場所は参加者に後日連絡)
参加費:500円(他、交通費自己負担)
対象:高校生以上
定員:20名
※要事前申込、申込多数の場合抽選 →申込は締め切りました。

オープンプログラム・関連イベント トークスペシャルトーク「Let’s アーホ!~芸術が世界をかえる!」

「ゲンビどこでも企画公募2014展」に関連して、特別審査員の倉本美津留氏によるトークを開催します。

倉本美津留

特別展・関連イベント トーク特別対談「住まうこと、建築、ヒロシマ」

特別展「戦後日本住宅伝説」関連プログラム。広島の廃墟のなかに未来都市の姿を直感し「ふたたび廃墟になったヒロシマ」を1968年に発表した磯崎氏と、広島を拠点に再生したヒロシマの原風景を建築に取り込もうと試みる三分一氏を迎え、廃墟から再生へと向かった広島で建築を巡ってお話しいただきます。

対談ゲスト:磯崎新(建築家・本展出品作家)、三分一博志(建築家)
会場:地下1階ミュージアム・スタジオ
定員:120名
※要展覧会チケット(半券可)
※当日10時より受付にて整理券配布

磯崎新《新宿ホワイトハウス》1957 撮影:新建築社写真部
磯崎新《新宿ホワイトハウス》1957
撮影:新建築社写真部

オープンプログラム ワークショップツキイチ・ワークショップ2014 「ブロックでおうちをつくろう!」

カラフルなブロックをつかって、おうちをつくってみましょう。だれがすんでいる、どんなおうちをつくりたいかな?
※参加無料、申込不要
※開催時間中は入退場自由です、お好きな時間にお越しください(混雑状況によって、お待ちいただく場合がございます)

参考写真

特別展・関連イベント トーク学芸員によるギャラリー・トーク

特別展「戦後日本住宅伝説」担当学芸員によるギャラリー・トークを開催します。現代アートは難しい? よく分からない? そんな方におススメの解説ツアー。いつもとちょっと違う視点で展覧会を楽しみながら、もっと現代アートが身近になる人気プログラムです。
※要展覧会チケット、申込不要

参考写真
参考写真

特別展・関連イベント トークオープニング鼎談「広島新世代建築家たちの視点」

特別展「戦後日本住宅伝説」に関連して、広島を拠点とする次世代の建築を担う70 年代生まれの建築家が、伝説の住宅のもたらしたインパクト、現在の試み、これからの住宅について語ります。

鼎談ゲスト:五十嵐太郎(本展監修者・東北大学教授)、小川文象(建築家)、土井一秀(建築家)
会場:地下1階ミュージアム・スタジオ
定員:120名
※要展覧会チケット(半券可)
※当日10時より受付にて整理券配布

オープンプログラム・関連イベント ライブ野村誠 クロージングライブ「瓦からピアノまで」

夏のワークショップ・プロジェクト2014「音であそぼう!野村誠の音楽室」関連イベント。野村さんが展示されている楽器を自由に使って演奏します。
※参加無料

©淡路島アートフェスティバル2013
©淡路島アートフェスティバル2013

特別展・関連イベント トーク学芸員によるギャラリー・トーク

「第9回ヒロシマ賞受賞記念 ドリス・サルセド展」担当学芸員によるギャラリー・トークを開催します。現代アートは難しい? よく分からない? そんな方におススメの解説ツアー。いつもとちょっと違う視点で展覧会を楽しみながら、もっと現代アートが身近になる人気プログラムです。
※要展覧会チケット、申込不要

参考写真
参考写真

オープンプログラム・関連イベント ライブ広島MOCA スペシャルオーケストラ

夏のワークショップ・プロジェクト2014「音であそぼう!野村誠の音楽室」関連イベント。展示されている様々な楽器を使ったこの日だけのオーケストラが登場します。めずらしい楽器(口琴など)、変わった楽譜(ぐるぐる回るスコアスクローラーなど)、ふしぎな指揮など、おもしろい音楽いっぱいのライブです。
演奏:野村誠、寺内大輔、三宅珠穂、広島大学音あそび団
※参加無料

オープンプログラム・関連イベント ライブミニライブ+楽器体験会

夏のワークショップ・プロジェクト2014「音であそぼう!野村誠の音楽室」関連イベント。紙楽器を演奏体験できるほか、ミニライブではこの日だけのスペシャルおふろ楽器が登場!野村さんと小日山さんが、紙楽器やおふろ楽器をつかって演奏します。
演奏:野村誠、小日山拓也
※参加無料

©アートアクセスあだち 音まち千住の緑
©アートアクセスあだち 音まち千住の緑

オープンプログラム・関連イベント ワークショップつくろう!鳴らそう!紙楽器ワークショップ

夏のワークショップ・プロジェクト2014「音であそぼう!野村誠の音楽室」にちなみ、紙の筒に皮をはってつくるタイコなど、紙が素材の楽器を作ってみんなでセッションしてみます。
講師:小日山拓也
対象:小学生~18才
定員:20名
※参加無料、要事前申込

[申込方法]往復はがきで、参加者全員の氏名、年齢、保護者氏名、住所、電話番号を明記の上、ご応募ください。8月1日(金)必着
*1通につき2組まで応募可
*応募者多数の場合は抽選となります。
宛先:〒732-0815 広島市南区比治山公園1-1
広島市現代美術館「夏のワークショップ・プロジェクト2014」係
©アートアクセスあだち 音まち千住の緑
©アートアクセスあだち 音まち千住の緑

緊急開催イベント トーク緊急レクチャー「インドネシアの美術史を知る、はじめの一歩」

経済成長目覚ましいインドネシア。1万3千以上の島々からなり、世界最大のイスラム(ムスリム)人口を抱え、様々な民族と文化の混在する「多様性の中の統一」を掲げる国。
このインドネシアの首都ジャカルタで2000年から活発な活動を繰り広げるアートスペース「ルアンルパ」のメンバーであるバルトロメオさんに、19世紀から現代を中心としたインドネシアの美術史入門について、日本の軍政期にもたらされた多大な影響にも触れながらお話しいただきます。
講演者:レオナルド・バルトロメオ(ルアンルパ、リサーチャー)
言語:英語(日本語通訳あり)
※参加無料
協力:国際交流基金

オープンプログラム・関連イベント ライブオープニングライブ「瓦の音楽」

夏のワークショップ・プロジェクト2014「音であそぼう!野村誠の音楽室」にちなみ、展示してあるさまざまな瓦楽器を使って、野村さんとやぶさんが合奏します。
演奏:野村誠、やぶくみこ
※参加無料

©淡路島アートフェスティバル2013
©淡路島アートフェスティバル2013

特別展・関連イベント トーク特別対談 「藤野可織(小説家)×福永信(小説家)」

特別展「スリーピング・ビューティー」にちなみ、藤野可織氏(展覧会図録巻頭文執筆)と福永信氏を迎え、「美」をテーマにお話しいただきます。
会場:地下1階ミュージアム・スタジオ
定員:100名
※要展覧会チケット、申込不要

特別展・関連イベント トーク学芸員によるギャラリートーク

特別展「第9回ヒロシマ賞受賞記念 ドリス・サルセド展」担当学芸員によるギャラリー・トークを開催します。現代アートは難しい? よく分からない? そんな方におススメの解説ツアー。いつもとちょっと違う視点で展覧会を楽しみながら、もっと現代アートが身近になる人気プログラムです。
※要展覧会チケット、申込不要

特別展・関連イベント トークドリス・サルセド講演会

作家本人が自らの作品について語ります。
会場:地下1階ミュージアム・スタジオ
※要展覧会チケット、申込不要

ドリス・サルセド Photo by Rui Gaudêncio, 2011
ドリス・サルセド Photo by Rui Gaudêncio, 2011

特別展・関連イベント トークアーティスト・トーク

特別展「スリーピング・ビューティー」出品作家の岩崎貴宏氏が自身の作品について話します。
会場:地下1階ミュージアム・スタジオ
※要展覧会チケット、申込不要

岩崎貴宏《Reflection Model(Perfect Bliss)》2010–12(参考図版) クイーンズランド州立美術館蔵 courtesy:ARATANIURANO
岩崎貴宏《Reflection Model(Perfect Bliss)》2010–12(参考図版) クイーンズランド州立美術館蔵 courtesy:ARATANIURANO

オープンプログラム・関連イベント ワークショップツキイチ・ワークショップ2014 「しんぶんしでへんしん!」

しんぶんしをきったり、はったり、おったりして、ようふくやコスチュームをつくってみます。あなたはなににへんしんしたい?
※参加無料、申込不要
※開催時間中は入退場自由です、お好きな時間にお越しください

参考写真
参考写真

特別展・関連イベント トーク当館館長によるスペシャル・レクチャー「コレクション形成の裏側」

特別展「スリーピング・ビューティー」に出品中のアグネス・マーティン、ドナルド・ジャッドなど当館所蔵作品を中心に、自身の体験を踏まえ、美術館でのコレクション形成について秘話も交えてお話しします。
会場:地下1階ミュージアム・スタジオ
※申込不要

特別展・関連イベント トーク学芸員によるギャラリートーク

別展「スリーピング・ビューティー」担当学芸員によるギャラリー・トークを開催します。現代アートは難しい? よく分からない? そんな方におススメの解説ツアー。いつもとちょっと違う視点で展覧会を楽しみながら、もっと現代アートが身近になる人気プログラムです。
※要展覧会チケット、申込不要

参考写真
参考写真

特別展・関連イベント 上映会映画上映会

本展出品作家、マシュー・バーニーによる映画《拘束のドローイング9》(2005年、135分)を上映します。
会場:地下1階ミュージアムスタジオ
定員:100名
鑑賞料:700円 ※チケットは5月17日より美術館受付、ミュージアムショップにて販売いたします(定員到達となり次第、販売終了)

オープンプログラム ワークショップツキイチ・ワークショップ2014 「しんぶんしでへんしん!」

しんぶんしをきったり、はったり、おったりして、ようふくやコスチュームをつくってみます。あなたはなににへんしんしたい?
※参加無料、申込不要
※開催時間中は入退場自由です、お好きな時間にお越しください

参考写真
参考写真

特別展・関連イベント トーク学芸員によるギャラリートーク

特別展「スリーピング・ビューティー」担当学芸員によるギャラリートークを開催します。現代アートは難しい? よく分からない? そんな方におススメの解説ツアー。いつもとちょっと違う視点で展覧会を楽しみながら、もっと現代アートが身近になる人気プログラムです。
※要展覧会チケット、申込不要

参考写真
参考写真

オープンプログラム・関連イベント ワークショップツキイチ・ワークショップ2014 「○△□のかみであそぼう」

さまざまな色や大きさの○△□のかみをくみあわせてあそびましょう。はりえをしたり、つなげてモビールみたいにつるしてみたり。どんなあそびかたができるかな?
※参加無料、申込不要
※開催時間中は入退場自由です、お好きな時間にお越しください

参考写真
参考写真

特別展・関連イベント ワークショップ「ジャンボ折り紙アーチ」をつかう

特別展「アトリエ・ワン:マイクロ・パブリック・スペース」に関連して、紙でできた大きなアーチを、設置して使ってみるワークショップを開催します。館内外で面白そうな場所を探し、アーチの使い方を考えてみましょう。
会場:ミュージアムスタジオ
対象:小学生以上
※参加無料、申込不要
※なるべく全時間ご参加ください、昼食はご持参ください

《ジャンボ折り紙アーチ》第27回サンパウロ・ビエンナーレ、2008
《ジャンボ折り紙アーチ》第27回サンパウロ・ビエンナーレ、2008

特別展・関連イベント トーク学芸員によるギャラリー・トーク

特別展「アトリエ・ワン:マイクロ・パブリック・スペース」担当学芸員によるギャラリー・トークを開催します。現代アートは難しい? よく分からない? そんな方におススメの解説ツアー。いつもとちょっと違う視点で展覧会を楽しみながら、もっと現代アートが身近になる人気プログラムです。
※要展覧会チケット、申込不要

ページのトップへ戻る

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS