アカルイ カテイ

2019年12月21日(土)~2020年3月1日(日)広島市現代美術館

広島市現代美術館

JP / EN
開館時間
10:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(ただし、1/13、2/24は開館)
1/14(火)、2/25(火)、年末年始(12/27~1/1)

会場
広島市現代美術館(広島市南区比治山公園1-1)[アクセス]
観覧料
一般1,200円(1,000円)、大学生900円(700円)、
高校生・65歳以上600円(500円)、中学生以下無料
※( )内は前売り及び30名以上の団体料金
主催
広島市現代美術館、中国新聞社
後援
広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送

展覧会概要

昭和14(1939)年に上梓された『明るい家庭』という1冊の本があります。
家庭を明るく保つための女性のふるまい方をさまざまに説くその本は、
冒頭、料理の味を生かすも殺すも塩次第だとの側室の説明に得心したという徳川家康のエピソードを引き、
家庭においては女性はいわば「調味料」の役割を果たすべきだと暗にほのめかし、はじまります。
しかし、引き合いに出された家康にとっては、まるで見当のつかない話かもしれません。
なぜなら、そもそも日本において、「家庭」や「家族」は、
それまでのイエ制度に取ってかわるものとして明治時代にあらたにつくられた概念なのですから。

では、現代に生きるわたしたちには、どのように聞こえますか。

この展覧会では、明治大正生まれの作家から1980年代生まれの作家まで11人を取りあげ、
彼女/彼らの創作活動のなかに家庭や家族がいかなる影を落とし、いかなる光を照らしているのかを見ていきます。
それによって「明るい家庭」をアップデートし、この先の「アカルイ カテイ」実践の方法を探ってみたいと思います。

作品紹介

「家庭」や「家族」という言葉が日本で定着し始めるのは1880年代後半、明治20年前後のこと。民法が成立したことや、西洋の考え方を採り入れようとしたことが大きな要因です。父と母と子どもが仲睦まじく一つの家に暮らすという核家族のイメージも、ここから生まれていきます。しかし、現実の生活が一挙に変わったわけでも、画一的に家庭ができあがったわけでもありません。さまざまな家庭のすがたが不揃いにありました。

江上茂雄えがみ・しげお[1912-2014]

1912年福岡生まれ。幼い頃から絵画の技量を発揮し、「画家として生きる」ことを心に決めながらも、父が早くに亡くなったために15歳で三井三池鉱業所建築課に入社。以後会社勤めをしながら、クレパスとクレヨンによって地元の風景を描き続けた。定年退職後、約30年間ほとんど毎日戸外へ出かけて、水彩絵具による風景画を制作した。多岐にわたる制作を行っており、2万点にも及ぶ作品を残した。

江上茂雄《母の赤きタンス 2》1932 福岡県立美術館蔵

江上茂雄《母の赤きタンス 2》1932 福岡県立美術館蔵

桂ゆきかつら・ゆき[1913-1991]

1913年東京生まれ。1946年には三岸節子らとともに女流画家協会を結成し、戦後の前衛芸術運動における女性作家として先駆的な活動を行なった。1956年渡仏し、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカに滞在し、各地で活躍する作家たちと交流した。植物や日用品を平面的に構成した作品を制作し、次第に寓話をモチーフとしたユーモラスなコラージュ作品を手がけるなど、晩年にいたるまで多様な技法による実験を続けた。

桂ゆき《積んだり》1951 福岡市美術館蔵

桂ゆき《積んだり》1951 福岡市美術館蔵

森正洋もり・まさひろ[1927-2005]

1927年佐賀生まれ。長崎県窯業指導所デザイン室を経て、1956年に同県の白山陶器株式会社に入社。1960年《G型醤油さし》で第1回グッドデザイン賞を受賞。1978年に森正洋産業デザイン研究所を設立した。いつもの生活にデザインの喜びを取り入れることを目指し、シンプルかつデザイン性の高い陶磁器を大量生産品として流通させることで、戦後日本の家庭に優れたデザインを日常的に楽しむ文化をもたらした。

森正洋《平型めしわん》1992 
佐賀県立九州陶磁文化館蔵(田代勇氏寄贈)

森正洋《平型めしわん》1992
佐賀県立九州陶磁文化館蔵(田代勇氏寄贈)

どうぞ

「主婦」という言葉もまた、明治時代に一般的になったものです。最初は家政学関係の西欧の翻訳書のなかで使われるようになり、「使用人に対する主人=奥さま」を意味していました。しかしその後、「良妻賢母」や「母性」といった新たな概念を背負わされながら、「家政担当者としての妻」の役割を課せられた主婦は、家庭の奥へと閉じこめられていきます。しかし奥にあるからこそ見えるものも、きっとあります。

潮田登久子うしおだ・とくこ[1940-]

1940年東京生まれ。桑沢デザイン研究所リビングデザイン研究科写真専攻卒業。同研究所で写真家・大辻清司の指導を受け、写真家の道へ進む。1975年頃よりフリーランスの写真家として活動をはじめる。家庭用冷蔵庫、帽子、図書館の本など、時間を経て人々の営みの痕跡が蓄積した事物を捉えた情緒的な写真で知られる。2018年に写真集『本の景色 BIBLIOTHECA』で第37回土門拳賞を受賞。

潮田登久子《東京都世田谷区 1983年》1983

潮田登久子《東京都世田谷区 1983年》1983

出光真子いでみつ・まこ[1940-]

1940年東京生まれ。父親は出光興産創業者の出光佐三。1962年早稲田大学第一文学部卒業後、ニューヨークのコロンビア大学へ留学。1965年に抽象画家サム・フランシスと結婚し、二児の母となる。60年代末頃から8mmフィルムで映像制作を開始。1973年の帰国後は、高度経済成長期の日本の家庭における母子関係や、女性として母として生きる作家の葛藤を映像作品によって表現した。

出光真子《英雄ちゃん、ママよ》1983 広島市現代美術館蔵 ©Studio Idemitsu

出光真子《英雄ちゃん、ママよ》1983 広島市現代美術館蔵 ©Studio Idemitsu

アウト・オブ・ホーム

村上龍はひきこもりをテーマのひとつにした小説『最後の家族』(2001)のあとがきで、こう書いています。「誰かを救うことで自分も救われる、というような常識がこの社会に蔓延しているが、その弊害は大きい。そういった考え方は自立を阻害する場合がある」と。小説中の家族は、家が売却され、いわばバラバラになってようやく本当の「家族」になります。「アウト・オブ・ホーム」とはこの小説の英語タイトルでもあります。

和田千秋+愛語わだ・ちあき+あいご
[1957-、1987-]

1957年大分生まれ。1983年九州産業大学芸術学部の研究科を修了後、制作活動を開始。1987年長男である愛語が出生時の酸欠により脳障碍を負ったため、リハビリテーションのため制作を中断する。1992年から作品制作を再開し、「現代美術のリハビリテーション」として「障碍の美術」シリーズに取り組みはじめる。2000年代からは絵画による表現を中心に活動している。本展では、愛語がファシリテーターとともに描いたドローイングや油絵も紹介する。

和田千秋《僕は描く!》2017

和田千秋《僕は描く!》2017

小西紀行こにし・としゆき[1980-]

1980年広島生まれ。2007年武蔵野美術大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了。幼少期の自身も含めた家族、あるいは身近な人々のスナップ写真を元にした人物画を繰り返し描いている。「群れ」としての家族に関心をもち、描かれる人物は大抵群像として描かれる。親密さとも不和とも異なるアンビバレントな関係性を写し取るようなスタイルが特徴的である。

小西紀行《無題》2018 © Toshiyuki KONISHI, Courtesy of URANO[参考]

小西紀行《無題》2018[参考]
© Toshiyuki KONISHI, Courtesy of URANO

なにをつくる?
がつくる?
なんのためにつくる?

女子を対象にした教科として明治時代に設置された「手芸」「裁縫」「家事経済」は、1947年に「家庭科」として生まれ変わります。「各人が家庭の有能な一員となり、自分の能力にしたがって、家庭に、社会に貢献できるようにする」ことを目的に、男女共学となった小学校5、6年生および中学生の必修科目にもなりました。しかし中学では、そのわずか11年後に男子向きの技術科と女子向きの家庭科に分かれることになります。この歴史はなにを意味しているのでしょう。

ひろいのぶこ[1951-]

1951年兵庫生まれ。1975年京都市立芸術大学美術学部工芸科卒業。1977年京都市立芸術大学美術専攻科染色専攻修了後、関西を中心に布や動物繊維を用いた作品を発表しはじめる。作品制作のかたわら、アジア各地や中南米などで、作り手の視点で織りや染めの現状を調査研究し、染織品や工芸品を収集。1999年には長野五郎との共著『物の原風景 樹皮と草皮の布と機』(紫紅社)を上梓した。近年は手芸にまつわる調査研究にも関わっている。

ひろいのぶこ《THE REVERSE》2003 個人蔵

ひろいのぶこ《THE REVERSE》2003 個人蔵

川村麻純かわむら・ますみ[1975-]

1975年千葉生まれ。2012年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程修了。映像インスタレーションによる表現を主としているが、カメラの動画機能を写真の拡張と捉え、写真家を名乗っている。個人の記憶や他者との関係性に関心を持ち、家族という関係を題材に社会的な問題を取り込んだ表現を探求。近年では日本に家庭科教育が導入された歴史を紐解きながら、作品制作を行っている。

川村麻純《home/making》2018[参考]

川村麻純《home/making》2018[参考]

うかび、あそべ

江戸時代、庶民の子どもは肉親以外にもたくさんの親を持っていました。それが「仮親」と呼ばれる村の人たち。成長の各場面で関わるさまざまな仮親たちとの関係は、大人になっても切れることなく一生続いたといいます。現代にそのような地域コミュニティを復活させることは難しいかもしれません。しかし、人と人の間を浮かび遊ぶことで、関係を新たに結び、生活空間を開いていくことはできるのではないでしょうか。

植本一子うえもと・いちこ[1984-]

1984年広島生まれ。19歳のときにキヤノン写真新世紀で優秀賞を受賞。2005年日本写真芸術専門学校卒業。広告、雑誌をはじめ、写真家としてひろく活動している。2013年より「天然スタジオ」を立ち上げ、一般家庭の記念撮影をライフワークとしている。また2009年からエッセイストとしても活動し、『かなわない』(タバブックス、2016)などの著作がある。今冬、初の写真集『うれしい生活』(河出書房新社)が出版される。

植本一子 2019

植本一子 2019

佐々瞬ささ・しゅん[1986-]

1986年宮城生まれ。東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業。映像や音声、テキストや即興的なパフォーマンスなどを用い、現実の記録にフィクションを織り交ぜ、過去や未来の物語を更新/拡張するような作品を制作している。2016年からは郷里・仙台を拠点に活動し、東日本大震災で半壊した住宅を借り入れてその行く末を見守るなど、いくつものアクティヴィティを敢行している。

佐々瞬《旗の行方》2015/2019

佐々瞬《旗の行方》2015/2019

関連プログラム

出品作家によるリレー・トーク

2019年12月21日(土) 14:00~15:30
会場:
展覧会場

※要展覧会チケット、申込不要 
※作家全員の参加ではありません、詳細はこちらをご確認ください。

パネルディスカッション「家庭、学校、美術館」

2020年1月13日(月・祝) 14:00~16:00

4人のユニークな実践者を招き、それぞれの基調報告の後、意見交換会を行います

登壇者:
瓦田勝(元 福岡女学院中学校・高等学校 美術教諭)
田北雅裕(九州大学大学院人間環境学研究院 講師/認定NPO法人SOS子どもの村JAPAN理事)
永田夏来(家族社会学者/兵庫教育大学大学院学校教育研究科 講師)
藤川悠(茅ヶ崎市美術館 学芸員)
会場:
地下1階ミュージアムスタジオ
定員:
80名

※要展覧会チケット(半券可)、申込不要(当日先着順13:40開場)

瓦田勝

瓦田勝かわらだ・まさる

元 福岡女学院中学校・高等学校 美術教諭

1950年福岡生まれ。1974年佐賀大学教育学部特設美術科卒業。40年以上にわたり中学・高等学校において美術教諭をつとめる。美術教諭のための実践研究会を長く主宰。「授業は表現だ」をモットーに、「子どもを一人の表現者として立たせる」ための美術教育を目指している。共著に『絵のなかの子どもたち 描写教育から表現教育へ』(国士館、1987)、『今、中学・高校教師に望むこと ホンモノの中学・高校教師になるために』(品川女子学院教育研究所、1998)。

田北雅裕

田北雅裕たきた・まさひろ

九州大学大学院人間環境学研究院 講師/認定NPO法人SOS子どもの村JAPAN理事

1975年熊本生まれ。2000年にデザイン活動triviaを開始。以降、まちづくりという切り口から様々なプロジェクトに携わる。2009年より九州大学 専任講師。近年は、認定NPO法人SOS子どもの村JAPAN理事、福岡市里親養育支援共働事業「ファミリーシップふくおか」代表なども務め、里親普及や子ども支援等、子ども家庭福祉の課題をデザインという発想で解決していく実践・研究に取り組んでいる。

永田夏来

永田夏来ながた・なつき

家族社会学者/兵庫教育大学大学院学校教育研究科 講師

1973年長崎生まれ。2004年に早稲田大学にて博士(人間科学)を取得。2013年より兵庫教育大学大学院学校教育研究科講師。結婚観や家族観の変化、夫婦関係の分析を専門として、「家族とはなにか?」を考え続けている。若者における恋愛関係研究からの発展としてジェンダー論・メディア論も手がけており、インターネットによるコミュニケーションや音楽を代表としたサブカルチャーにも関心を持つ。共著に『入門 家族社会学』(新泉社、2017)、著書に『生涯未婚時代』(イースト・プラス、2017)。

藤川悠

藤川悠ふじかわ・はるか

茅ヶ崎市美術館 学芸員

1980年広島生まれ。2003年昭和女子大学生活環境学科建築コース卒業。広島市現代美術館、森美術館、東京都現代美術館の学芸部勤務を経て、2013年より茅ヶ崎市美術館学芸員。現代美術を専門とし、地域とアーティストをつなぐ教育普及活動を積極的におこなう。近年は作家や障がい者らとともに、視覚以外でのアートとの関わり方も模索し、ミュージアムが果たしうる社会的包摂機能の拡張を目指した展覧会やプログラムを実施。今夏企画した「美術館まで(から)つづく道」展(2019)は各方面から注目され、話題となった。

学芸員によるギャラリートーク

2020年1月2日(木)、1月26日(日)、2月15日(土)いずれも14:00~15:00

担当学芸員による展示解説

※要展覧会チケット、申込不要

アートナビ・ツアー

毎週土曜日、日曜日、祝日、2020年1月2日(木)、1月3日(金)
各日11:00~11:30 および 14:00~14:30(ギャラリートーク開催時は除く)

アートナビゲーターによる展示解説

※要展覧会チケット、申込不要

展覧会カタログ

2020年1月末 発売予定

  • 出品作家11名の作品図版
  • 当館でのインスタレーションビュー
  • アカルイ カテイを考えるための100冊ブックリスト
  • 担当学芸員によるエッセイ
判型:
A4変形
製本:
A4変形並製本(PUR製本・無線綴じ)
頁数:
128頁(カラー/図版64頁、モノクロ/テキスト及び資料64頁)
デザイン:
野村デザイン制作室
発行:
広島市現代美術館
ページのトップへ戻る