開催中

特別展
崇高さに関する抽象的な覚書
 

2024年3月30日(土) — 6月9日(日)

ジョアン・カイガー《デカルト》(部分) 1968 ©Estate of Joanne Kyger, Courtesy of University of California, Berkeley Art Museum and Pacific Film Archive

「崇⾼さに関する抽象的な覚書」は、アーティストの⽥⼝和奈が着想したグループショウで、同じくアーティストの松原壮志朗が展覧会の構成を担当する。それ自体が展覧会という枠組みを用いておこなわれる抽象的考察である。
 

『参加作家のひとりであるジョアン・カイガーは、アメリカ現代詩におけるさまざまな派閥と広く交流をもちながらも、独自のスタイルを確立した詩人であった。ビートニクの運動がそうであったように、彼女の作品も「瞑想」や「仏教」、とりわけ「禅宗」からの影響を受けている。カイガーは1968年にデカルトの「方法論」を題材にした詩、「DESCARTES AND THE SPLENDER OF A real Drama of Everyday Life. In Six Parts.」をもとに「デカルト」と題したヴィデオ作品を制作している。このカイガーの残した生涯唯一のヴィデオ作品とストーリーが、この展覧会の霊感(インスピレーション)であり、かつ骨子である。

展覧会の構成では、主にふたつのことを試みる。グループショウという枠組みを捉え直し、その上でグループショウの可能性を模索すること。「近代美術」あるいは「現代美術」というカテゴリーの垣根を越え、作品の固有の振る舞いが、場の特性の中で静かなダイナミズムを生み出すこと。展覧会自体がひとつの言外のマニフェストとなることを意識した。』

 
作品リスト

 

出品作家

ジャン・アルプ、アルマン、ジョアン・カイガ―、イワオ・カゴシマ、アンソニー・カロ、岸田劉生、クレメット、クルト・シュヴィッタース、須田国太郎、田口和奈、田中敦子、トリシャ・ドネリー、古屋誠一、パトリシア・L・ボイド、三木富雄、ヘンリー・ムーア、ル・コルビュジエ、ナンシー・ルポ、アラン・ロンジノ、エミリア・ワン

ジョアン・カイガー《デカルト》(部分) 1968 ©Estate of Joanne Kyger, Courtesy of University of California, Berkeley Art Museum and Pacific Film Archive

須田国太郎《牡丹》昭和16(1941) 公益財団法人上原美術館蔵

岸田劉生《二人麗子図(童女飾髪図)》大正11(1922) 泉屋博古館東京蔵

ナンシー・ルポ《Dying Play》2022
Exhibition view, Kristina Kite, Los Angeles  Photo: Paul Salveson Copyright and courtesy of the artist and Kristina Kite, Los Angeles [参考画像]

基本情報

会期
2024年3月30日(土) — 6月9日(日)
開館時間
10:00–17:00

※入場は閉館の30分前まで

会場
広島市現代美術館 展示室B-2、B-3
アクセス
休館日
月曜日(ただし4/29、5/6は開館)、4/30(火)、5/7(火)
観覧料
一般1,100円 (850円)、大学生800円 (600円)、高校生・65歳以上550円 (400円)、中学生以下無料
※( )内は前売り及び30名以上の団体料金

【前売券】
オンラインショップ「339」
チケットぴあ〈Pコード 686-838〉
※販売は2024年3月29日(金)まで
※広島市現代美術館の受付でも販売しています
主催
広島市現代美術館
後援
広島県、広島市教育委員会、中国新聞社、朝日新聞広島総局、 毎日新聞広島支局、読売新聞広島総局、中国放送、テレビ新広島、広島テレビ、 広島ホームテレビ、広島エフエム放送、尾道エフエム放送
協賛
Federal Ministry Republic of Austria オーストラリア文化フォーラム
協力
Air de Paris、エルメス財団、上原美術館

イベント・カレンダー