終了

特別展
ガラスの器と静物画
山野アンダーソン陽子と18人の画家

2023年11月3日(金・休) — 2024年1月8日(月・休日)

三部正博《伊庭靖子が描いた静物画〈untitled 2021-15〉》2021

「山野さんのガラス作品を本にしてみたらどうでしょう。」 この一言がきっかけになって、「Glass Tableware in Still Life(静物画のなかのガラス食器)」というプロジェクトがはじまりました。
自身で描いてみたいガラス食器について、画家がガラス作家・山野アンダーソン陽子に言葉で伝える。その言葉に応答して山野がガラスを吹き、出来上がったガラス食器を見ながら画家が絵を描く。その後、写真家・三部正博が画家たちのアトリエを訪れて写真を撮り、デザイナー・須山悠里が本をデザインする。スウェーデンとドイツ、日本を舞台にくり広げられたこのプロジェクトは、そうやって生まれたガラス食器と絵画、写真を多くの人に見てもらえればと、やがて本展へと導かれました。
宙吹きならではのわずかな歪みがうつくしいクリアーガラスの食器、画家たちによる親密な絵画、浮遊感をたたえたモノクロームの写真。それらの物が語りだす声に耳をかたむけ、それぞれのストーリーをつむいでみてください。

山野アンダーソン陽子 撮影:三部正博

出品作家

ガラス:山野アンダーソン陽子
スウェーデンのストックホルムを拠点に活動するガラス作家。日本の大学を卒業後、北欧最古のガラス工場であるコースタ内の学校で吹きガラスの手法を学び、その後スウェーデンの王立美術工芸デザイン大学にて修士課程を修了。クリアーガラスを探求し、スウェーデン、イギリス、日本などで作品を展開する。
http://www.yokoyamano.com/
glass.tableware.in.still.life

写真:三部正博

絵画:石田淳一、伊庭靖子、小笠原美環、木村彩子、クサナギシンペイ、小林且典、田幡浩一、八重樫ゆい、アンナ・ビヤルゲル、アンナ・カムネー、イルヴァ・カールグレン、イェンス・フェンゲ、カール・ハムウド、ニクラス・ホルムグレン、CM・ルンドベリ、マリーア・ノルディン、レベッカ・トレンス ほか

映像:セイナイ・ベルへ

三部正博 《伊庭靖子のアトリエに佇むガラス食器》2021

伊庭靖子《untitled 2021‒15》2021
Courtesy MISA SHIN GALLERY, Tokyo

三部正博《木村彩子のアトリエに佇むガラス食器》2021

木村彩子《Stem for pink / 7 May》2021

三部正博《イルヴァ・カールグレンのアトリエに佇むガラス食器》2022

イルヴァ・カールグレン《the difference is spreading #2》2021 Courtesy Gallery Steinsland Berliner, Stockholm

三部正博《ニクラス・ホルムグレンのアトリエに佇むガラス食器》2022

ニクラス・ホルムグレン《Anusha, double》2021 Collection of Marie and Fredrik Eneqvist, Stockholm, Sweden Courtesy Galleri Flach, Stockholm

基本情報

会期
2023年11月3日(金・休) — 2024年1月8日(月・休日)
開館時間
10:00–17:00

※入場は閉館の30分前まで

会場
広島市現代美術館 展示室B-2、B-3
アクセス
休館日
月曜日(ただし1/8は開館)、年末年始(12/27—1/1)
観覧料
一般1,100円 (850円)、大学生800円 (600円)、高校生・65歳以上550円 (400円)、中学生以下無料
※( )内は前売り及び30名以上の団体料金

【前売券】
オンラインショップ「339」
チケットぴあ〈Pコード 686-660〉
※販売は11月2日(木)まで
※広島市現代美術館の受付でも販売しています
主催
広島市現代美術館
後援
スウェーデン大使館、広島県、広島市教育委員会、中国新聞社、朝日新聞広島総局、毎日新聞広島支局、 読売新聞広島総局、中国放送、テレビ新広島、広島テレビ、 広島ホームテレビ、広島エフエム放送、尾道エフエム放送
企画協力
ブルーシープ
割引
【文化の日】11月3日:全館無料

県美×現美×ひろ美 相互割引

アーカイブ

展覧会カタログ

価格|3,200円+税
仕様|B5変型、並製、152ページ
編集|柴原聡子
写真|高橋健治
アートディレクション&デザイン|須山悠里
印刷・製本|株式会社八紘美術
発行|ブルーシープ株式会社

目次

静物画に描かれたガラス器  岡本文一

図版  絵画・ガラス

山野アンダーソン陽子 インタビュー
プロジェクト「Glass Tableware in Still Life」の始まりから展覧会まで  聞き手・文=柴原聡子
三つの静物  須山悠里
アトリエに佇むガラスと静物画  三部正博

図版  写真

終わらない展覧会、あるいは展覧会は始まりつづける—展示について思考するための二三の覚え書き  竹口浩司
アーティストたちのガラスの器をめぐるそれぞれの視点  福島 直
「Glass Tableware in Still Life」にとっての写真  岩崎美千子

作品リスト

展示風景

イベント・カレンダー

2024
4
26