終了

被爆70周年 ヒロシマを見つめる三部作 第3部
ふぞろいなハーモニー

2015年12月19日(土) — 2016年3月6日(日)

2015年に被爆70周年を迎え、広島市現代美術館では「ヒロシマを見つめる三部作」と題し、原爆被害を受けた広島の過去を振り返り、復興の軌跡を見つめ、「今」そして「これから」を考える、3つの異なる視点に基づいた展覧会を連続開催しています。

「ふぞろいなハーモニー」展は、東アジア地域において常に変化する「調和=ハーモニー」の概念について、現代のアーティストによる作品や調査、活動を通じて、協働の可能性を問いかけ、対話の機会を広げていくことを目指した展覧会です。
人的、文化的交流が活発で、魅了しあい、影響しあう関係性にある東アジアは、一方で政治的軋轢の絶えない地域でもあります。ここで調和とは、協力体制を築こうと意識する動きであり、多様性とは相対する圧力にもなってしまう一面を持っています。この展覧会では、アーティストたちの作り出す作品を、変化の中にある時代を映す鏡ととらえ、社会性と結びついた美術表現を通じ、東アジアの今についての探求を広島の地から行っていきます。

ひとつの歴史的事象も、別の立ち位置から見れば全く異なるとらえ方をするように、多様な視点があることを認識し受け止める想像力が現代ではますます求められています。被爆の惨禍を記憶に持つ広島の地から、これまでを振り返りこれからを考える新たな関係を培い、今日の社会における課題を、美術という創造を通じて考えます。

基本情報

会期
2015年12月19日(土) — 2016年3月6日(日)
開館時間
10:00–17:00

※入場は閉館の30分前まで

休館日
月曜日、12月27日—1月1日 ※月曜日が祝休日にあたる場合は開館、翌平日休館
観覧料
一般1,030(820)円、大学生720(620)円、高校生・65歳以上510(410)円、中学生以下無料
※( )内は前売り及び30名以上の団体料金
主催
広島市現代美術館、中国新聞社
後援
広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送

イベント・カレンダー

2024
6
24