終了

特別展
第8回公募「広島の美術」

2003年11月1日(土) — 1月7日(水)

公募「広島の美術」は、広島で美術を愛する多くの人々に参加し競っていただき、地域の現況を市民の皆様に紹介する目的で設けられました。1989(平成元)年度から隔年で開催し、今回で8回目を迎えます。第6回からは審査方法を変更し、全応募作品を展示した上で審査を行い、一般の方々にも見ていただけるようにしています。本展覧会では、審査により決定した大賞・優秀賞・奨励賞・佳作の入賞作品16点を含む、入選作品約100点を展示、紹介いたします。

基本情報

会期
2003年11月1日(土) — 2004年1月7日(水)
開館時間
10:00–17:00

※入場は閉館の30分前まで

休館日
月曜日※月曜日が祝休日にあたる場合は開館、翌平日休館12月29日—1月3日
観覧料
一般500(400)円、大学生300(240)円、小中高生100(80)円
  • ( )内は前売り及び30名以上の団体料金
  • 11月3日(文化の日)は全館無料
主催
広島市現代美術館、中国新聞社
後援
広島県、広島県教育委員会、広島市教育委員会、NHK広島放送局、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送
協賛
株式会社日立製作所、カルビー株式会社、中国電力株式会社、広島ガス株式会社

イベント・カレンダー