終了

どこかで?ゲンビ
and DOMANI「村上友重+黒田大スケ」

2022年1月8日(土) — 3月10日(木)  —2月13日(日) ※1月9日~3月6日は休場

「どこかで?ゲンビ」の一環として、写真と彫刻というジャンルの異なる2作家による、広島市内を中心とした調査や人々との交流を通した作品を紹介します。会場は、被爆時に焼失し、1991年に復元完成された広島城 二の丸です。幅広い写真技術を活用する村上友重は、広島に暮らす人々との協働を通した「広島の光の採集」とも言うべき活動を構想し、野外彫刻に関する映像作品を近年手がける黒田大スケは、広島の平和記念公園周辺などに設置される彫刻を題材とした作品に取り組みます。
なお、本展覧会は文化庁が実施している「新進芸術家海外研修制度」の成果発表の機会として開催される「DOMANI・明日展」との連携事業として実施するものです。

  • 会期延長に伴い、一部展示内容を改編します

基本情報

会期
2022年1月8日(土) — 3月10日(木)
開館時間
9:00–16:30

※入館は閉館の30分前まで

会場
広島城 二の丸(広島市中区基町21-1)
休館日
会期中無休
観覧料
無料
主催
広島市現代美術館、広島城

関連動画

新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、本展の関連イベントは無観客で行い、オンラインで公開します。

■村上友重、黒田大スケ アーティスト・トーク [全3回]

本展参加作家が、展示会場から作品について語ります。

アーティスト・トーク① 村上友重
アーティスト・トーク② 黒田大スケ
アーティスト・トーク③ 参加作家と担当学芸員による座談会

■村上友重×北森武彦 対談「光について」

本展参加作家の村上友重と北森武彦先生(国立清華大学(台湾)玉山榮譽講座教授)が、写真家と科学者という立場から、光について語ります。

村上友重×北森武彦 対談「光について」

[ 連携企画 ]

THE POOLで開催される黒田大スケ個展「不在の彫刻史 -3-」の関連イベントとして、アーティスト・トークが行われました(ゲスト:松岡剛(広島市現代美術館))。
THE POOL主催 黒田大スケ「不在の彫刻史 -3-」アーティスト・トーク

黒田大スケ個展「不在の彫刻史 -3-」
会場|THE POOL(広島市中区東千田町2-13-18 )
会期|2022年1月10日(月)~28日(金)
開廊時間|14:00~19:00
休廊|日・月・祝 ※1月10日除く

展示風景

イベント・カレンダー

2024
7
26