終了

コレクション展 2011-Ⅱ 
つくる、ゆく、ヒロシマに想う

2011年7月2日(土) — 11月6日(日)

広島は、人類初の原爆投下とその後の復興により、この地で起きた惨劇のみならず、核時代に人類が直面しつづける脅威そのものを表象し、また、壊滅的な被害から復興を果たした人々の力強い営みを証明する象徴的存在となりました。そして、これまでに多くのアーティストの手によって、広島にまつわる作品が生み出されています。そこには、個別の事象としての原爆被害やその悲しみや怒りを超えて、人間の根源的な有り様に迫る表現を見出すことができます。
本展覧会は、現代美術におけるテーマとしての広島に着目し、コレクションのなかから、とくに地域としての広島の諸相に触れた作品、そして原爆の破壊とそこからの都市の復興、核時代の脅威といった、被爆地としての広島をテーマとした作品を中心に紹介します。

出品作家
丸木位里・俊、荒木経惟、利根山光人、小作青史、入野忠芳、井上覚造、大岩オスカール、元永定正、土谷武、モンティエン・ブンマー、西雅秋、工藤哲巳、池田満寿夫、斎藤義重、鯉江良二、ヘンリー・ムーア、キース・へリング、イサム・ノグチ、横尾忠則、小沢剛、米田知子、蔡國強、ギュンター・ユッカー、都築響一

基本情報

会期
2011年7月2日(土) — 11月6日(日)
開館時間
10:00–17:00

※入場は閉館の30分前まで※11月3日は19:00まで

休館日
月曜日※月曜日が祝休日にあたる場合は開館、翌平日休館
観覧料
一般360(280)円、大学生270(210)円、高校生170(130)円、中学生以下・65歳以上無料
  • ( )内は前売り及び30名以上の団体料金
  • 11月3日(文化の日)は全館無料
主催
広島市現代美術館

イベント・カレンダー

2024
7
19