終了

コレクション展 2008–Ⅰ
ヒロシマ モナムール

2008年5月24日(土) — 8月31日(日)

アラン・レネ監督の「Hiroshima Mon Amour」が制作されてからちょうど50年。この映画をインスピレーションソースに、アーティストという創造に携わる存在がどうヒロシマの「喪失」をとらえ、これに向かい表現してきたか、当館の所蔵作品を通じて「ヒロシマ」を考えます。人間の肉体、精神という根源的に深い場所から、人間の愛欲、個の尊厳と脆さ、戦争という狂気を問いかける展覧会です。

出品作家
工藤哲巳、高松次郎、入野忠芳、丸木位里・俊、岡部昌生、岡部繁夫、須田悦弘、日高理恵子、斎藤義重、板倉康二、土屋幸夫、イヴ・クライン、宮本隆司、草間彌生、宮崎進、菊畑茂久馬、白髪一雄、オノ・ヨーコ、アルフレッド・ジャール、遠藤利克

基本情報

会期
2008年5月24日(土) — 8月31日(日)
開館時間
10:00–17:00

※入場は閉館の30分前まで※7月と8月の土曜日は19:00まで

休館日
月曜日※月曜日が祝休日にあたる場合は開館、翌平日休館
観覧料
一般360(280)円、大学生270(210)円、小中高生170(130)円
  • ( )内は前売り及び30名以上の団体料金
主催
広島市現代美術館

イベント・カレンダー