終了

収蔵作品展 2005-Ⅰ
part.2 平成16年度 新収蔵作品展

2005年10月4日(火) — 11月27日(日)

美術館の主な活動の一つに、コレクション(収集)があります。
当館でも、これまで購入、寄贈を受けるなどによって1400点あまりの作品を収集してきました。
近年は日本宝くじ協会助成による制作委託、作家、所蔵者、関係者からの寄贈、寄託によって、作品を収集しています。
この展覧会では、平成16年度に新しく収蔵した作品を紹介します。
作家に新作制作の依頼をする制作委託では、現在活躍中の日本の現代美術を代表する若手作家5名がヒロシマをテーマに様々な角度から取り組んだいずれも力作の9点の作品、あわせて広島と関わりの深い作家の関係者より寄贈を受けた作品および資料7点、所蔵者より寄託された舟越桂の立体作品2点のあわせて18店の作品を紹介します。

出品作家
村上隆、奈良美智、小沢剛、大岩オスカール幸男、やなぎみわ、岡部昌生、福井芳郎、芥川永、石井茂雄、舟越桂

基本情報

会期
2005年10月4日(火) — 11月27日(日)
開館時間
10:00–17:00

※入場は閉館の30分前まで

休館日
月曜日※月曜日が祝休日にあたる場合は開館、翌平日休館
観覧料
一般360(280)円、大学生270(210)円、小中高生170(130)円
  • ( )内は前売り及び30名以上の団体料金
  • 11月3日(文化の日)は全館無料
主催
広島市現代美術館

イベント・カレンダー

2024
7
19