オープン・プログラムゲンビ・休館前イベント「また会う日まで」

1989年(平成元年)に全国初の公立現代美術館としてオープンした当館。
建設から31年がたった今年、12月28日から休館し、はじめての長期改修工事に入ります。
約2年間の休館を前に、最後の一か月、美術館を無料開放し、美術館の建物と「ヒロシマ」をテーマにしたコレクションを楽しんでいただく機会とします。「空っぽの展示室」など、普段は見られない美術館の姿もご覧いただくチャンスです。改修前の美術館に、ぜひ足をお運びください。

2020年12月1日(火)~27日(日)
全館無料開放

「ヒロシマ」をテーマにしたコレクションの展示や、空っぽの展示室や改修工事で姿を変える場所の「今」を感じられる「ゲンビ・リコレクション」がご覧いただけます。
小企画 コレクション・ハイライト ゲンビ・リコレクション

2020年12月5日(土)①11:00~12:30 ②13:30~15:00
ゲンビたてもの巡り~ウォークラリーと撮影会

建築家・黒川紀章によって設計された広島市現代美術館。建物の背景にある建築家の思いや設計コンセプトを知り、それがどのように具現化されているのか、実際に建物を見ながら歩きます。またゲンビらしい場所や絵になるディテールなど、建物の魅力を写真に残しましょう。

講師:高田真(アーキウォーク広島 代表)
集合場所:B展示室
持ち物:カメラ(携帯電話、デジタルカメラ、フィルムカメラなど)
対象:小学3年生以上(小学生は保護者同伴)
定員:各回15名
※参加無料、要事前申込、応募者多数の場合は抽選

※モカパス会員は優先参加が可能です。モカパス

[申込方法]
下記応募フォームから、または往復はがきに、イベントの名前、参加希望時間、参加希望者の氏名(1通につき2名まで)、年齢、住所、電話番号を明記の上、ご応募ください。
往復はがき宛先:
〒732-0815 広島市南区比治山公園1-1 広島市現代美術館「ゲンビたてもの巡り」係
締切:11月20日(金)必着  ※受付終了しました
 

2020年12月5日(土)~27日(日)10:00~17:00
たてものを撮ろう、たてものと撮ろう!

幾何学的な形態の組み合わせが各所に見られるゲンビの建物のディテールや、空っぽの展示室、改修で形を変える場所など、今だから撮影できるポイントがいくつもあります。建物を愛でるように記録するもよし、家族や友達同士、建物と一緒に記念撮影をするもよし。期間中、受付で「撮影証(バッジ)」を受け取り、カメラを通して見える美術館の建物の魅力をお楽しみください。
撮影した写真はハッシュタグ「#広島市現代美術館」や「#HiroshimaMOCA」をつけてシェアしよう!

※館内と屋外展示場では三脚や自撮り棒、反射板など撮影用の外付け機器はご使用いただけません。
※作品が含まれる場合は著作権への配慮が必要です。詳しくは受付時にお渡しするパンフレットをご覧ください。

2020年12月5日(土)~27日(日)10:00~17:00
たてものフロッタージュ大作戦 また会う日まで編

受付で「フロッタージュ・キット」を受け取り、館内をめぐりながら、壁や床、柱など、キットに記された場所をフロッタージュしていきます。キットに付属のポストカードにフロッタージュして、受付の専用ポストに投函すると、約2年後、リニューアル・オープンをお知らせする「カード」になって、ご自宅に届きます。

※フロッタージュ…ものや地面などに紙を置き、上から色鉛筆などでこすることで形や模様を写し取る方法。

2020年12月 毎週土日 ①11:00~11:30 ②14:00~14:30
アートナビ・ツアー|日本語

アートナビゲーターと共に、ゲンビのコレクション作品を鑑賞します。ひとりで見るのとはまた少し異なる視点から作品をお楽しみください。

集合場所:A展示室入口
定員:各回10名
※参加無料、要予約、先着順(定員に余裕がある場合のみ当日参加を受け付けます)
※ツアーは「ガイド用イヤホン機器」を用いて行います。
ご予約はこちらから

2020年12月6日(日)、13日(日)13:00~13:30
アートナビ・ツアー|英語

ゲンビのコレクション作品を英語で解説します。英語に関心のある方はどなたでもご参加いただけます。

集合場所:A展示室入口
定員:各回10名
※参加無料、要予約、先着順(定員に余裕がある場合のみ当日参加を受け付けます)
※ツアーは「ガイド用イヤホン機器」を用いて行います。
ご予約はこちらから

クロージング・イベント

休館前、最後の週末は、館内の様々な場所で、ゲンビの建物や作品を楽しむ企画を行います。


イベントチラシ(PDF:1.2MB)

2020年12月24日(木)~27日(日)
休館演習:ヒスロムがいます(仮)

アーティスト・グループ「ヒスロム」が、休館中のプロジェクトに向けた演習を開始。美術館の表に裏に探索、美術館建築の場にふれあい、いくつかの実験も試みる予定。演習中のヒスロムたちに遭遇できるかも?
会場:館内のどこか

ヒスロム
加藤至、星野文紀、吉田祐からなるアーティスト・グループ。2009年より活動をはじめる。造成地の探険で得た人やモノとの遭遇体験や違和感を表現の根幹に置き、身体を用いて土地を体験的に知るための遊び「フィールドプレイ*」を各地で実践し映像や写真、パフォーマンス作品としてあらわす。またその記憶を彫刻作品や舞台、映画へと展開させている。
*劇団・維新派の故松本雄吉がそう呼んだことによる。

2020年12月26日(土)10:30~11:30
窓ガラスをキャンバスに~西島大介さんとライブ・ペインティング

休館中のゲンビの活動を伝えるキャラクターが誕生!?漫画家・西島大介さんのライブ・ペインティングでお披露目します。みなさんも、西島さんと一緒に、美術館エントランスの巨大な窓ガラスに絵や文字でゲンビへのメッセージを残してみませんか?
会場:エントランスホール

西島大介(漫画家、イラストレーター)
1974年東京都生まれ。広島市在住。2004年『凹村戦争』でデビュー。2012年『すべてがちょっとずつ優しい世界』で第三回広島本大賞を受賞。代表作にベトナム戦争を描いた長編『ディエンビエンフー』(第21回および第22回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査員推薦作)など。現代美術作家として国内外の展覧会に参加するほか「DJまほうつかい」名義で音楽活動も行うなど、活動は多岐に渡る。

2020年12月26日(土)、27日(日)
君はミュージアムスタジオを知っているか?

美術館のコレクションからダンスやパフォーマンスに関連した映像を上映します。 上映の幕間には、照明操作などスタジオの機能を体験できるプログラムも。
会場:地下1階ミュージアムスタジオ

■上映プログラム
Ⓐ《マイケル・クラーク》ソフィ・ファインズ監督、1999年、50分
12月26日(土)10:30/13:30上映
1999年に振付家マイケル・クラークが発表した《CURRENT/See》の制作過程を追うドキュメンタリー
Ⓑダムタイプ《OR》1989年、68分
12月26日(土)11:50/14:50上映
1984年に結成されたアーティスト・グループ、ダムタイプが東京のパークタワーで行った公演を撮影・編集した貴重な映像
Ⓒ《ビョーク》クリストファー・ウォーカー監督、1997年、51分
12月27日(日)10:30/13:20上映
アルバム「ホモジェニック」を制作中のビョークのアイスランド・レコーディングに密着したドキュメンタリー
Ⓓ《パブリック・ムービー》水口政美監督、1999年、53分
12月27日(日)11:55/14:45上映
音楽界の異才アート・リンゼイが1998年のリスボン世界博で、“音の彫刻”をテーマに企画したミュージック・シリーズのドキュメンタリー

■幕間のオンステージ(約30分)
12月26日(土)11:20/13:00/14:20/16:00開始
12月27日(日)11:25/12:50/14:15/15:40開始
ミュージアムスタジオの機能を体感しよう!動く舞台を体験したり、照明の操作にも挑戦!
※開始時間までにお越しください。

2020年12月27日(日)17:00~19:00
ゲンビの光

ゲンビが休館に入ると同時に美術館から空に向かって光の塔が伸びます。
美術館を支えていただいている市民の皆さんへの感謝と、「休館中も忘れないでね」という思いを込めた光の塔です。ぜひこの時間帯、比治山が見える場所から、ゲンビの光を目撃してください。

関連企画

2020年12月12日(土)10:00~15:00
あっ“たまる”比治山2020

冬の比治山公園でたき火やワークショップを楽しもう。広島市・SATOMACHI主催の「あっ“たまる”比治山2020」に当館も参加します。ゲンビブースでは、松ぼっくりのクリスマスツリーづくりが体験できます。
※事前予約不要
主催: 広島市・SATOMACHI
詳細情報は「あっ”たまる”比治山2020」のサイトで

たてものフロッタージュの様子

2年後にリニューアル・オープンをお知らせするカードになって届きます

アートナビ・ツアーの様子

ヒスロム
撮影:Dawid Misiorny

イラスト:西島大介

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS

メールニュース