終了

開館30周年記念特別展
美術館の七燈

2019年3月9日(土) — 5月26日(日)

美術館がまもるものと、美術館をまもるもの

広島市現代美術館は1989年、公立館としては国内初の現代美術を専門とする美術館としてオープンしました。その30周年を記念し、活動の軌跡および、その基盤となった美術館建築を中心に紹介する本展では、これまでに当館が収集してきたコレクション、および活動を物語る資料を中心に、一部の参加作家による新作等を加え、全館を用いた展示を行います。観客、建築、場所、保存、歴史、逸脱、あいだ、といったキーワードを通して、その歩みを振り返るとともに、美術館の果たすべき役割、そして活動を支える諸要素を改めて捉えなおします。

1章 「観客」参加によって成り立つ表現
2章 「蔵とシンボル」美術館建築と野外彫刻
3章 「ここ」広島、ヒロシマ
4章 「残すこと」作品の修復、コンサベーションの現在
5章 「積み重ね」資料と関連作品による活動の記録
6章 「(リ)サーチ」探索と逸脱 田村友一郎による新作インスタレーション
7章 「あいだ、隙間、その他」隙間的スペースを活用した作品

@30th_hiroshimamoca

基本情報

会期
2019年3月9日(土) — 5月26日(日)
開館時間
10:00–17:00

※入場は閉館の30分前まで

休館日
月曜日 ※月曜日が祝休日にあたる場合は開館、翌平日休館
観覧料
一般1,200(1,000)円、大学生900(700)円、高校生・65歳以上600(500円)、中学生以下無料
※( )内は前売り及び30名以上の団体料金
※5月3日(開館30周年記念日)は全館無料
※5月5日(こどもの日)は高校生以下無料
主催
広島市現代美術館、中国新聞社
後援
広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送

イベント・カレンダー

2024
6
25