終了

特別展
伊藤有壱アニメーション I.TOON CAFÉ

2006年1月28日(土) — 4月9日(日)

可愛いイモ虫のキャラクターで、人気のNHK教育テレビ《プチプチ・アニメ》「ニャッキ!」。この「ニャッキ!」の製作者として知られるアニメーション作家、伊藤有壱の展覧会を開催します。
1962年東京に生まれた伊藤有壱は、高校時代からアニメーションに興味を持ち、東京藝術大学のデザイン科卒業後、本格的にアニメーションの世界へ入ります。クレイ・アニメーションや手描きのアニメーションなど、実験的な映像作品を制作し、文化庁メディア芸術祭優秀賞や広島国際アニメーションフェスティバルで受賞する一方、テレビ・コマ―シャル、劇場映画、プロモーション・ビデオなど、幅広い分野で活躍しています。
本展「I.TOON CAFE」は、この伊藤有壱の作品が一堂に会する初めての個展となります。
「ニャッキ!」のほか、NHKテレビ番組《みんなのうた》で放送中の「グラスホッパー物語」、テレビ・コマーシャル、プロモーション・ビデオなどの映像作品に加え、アニメーションの制作過程や撮影セットの再現も合わせて展示し、表現の可能性に挑戦する伊藤有壱ワールドを紹介します。
また、観客のみなさんが実際に参加できるワークショップ、トークショーなども予定しております。楽しい創造の世界をご堪能ください。
※「I.TOON CAFE」のCAFEはContemporary Animation Factory Exhibitionの略称です。

基本情報

会期
2006年1月28日(土) — 4月9日(日)
開館時間
10:00–17:00

※入場は閉館の30分前まで

休館日
月曜日
観覧料
一般1,030(820)円、大学生770(610)円、小中高生510(400)円
  • ( )内は前売り及び30名以上の団体料金
主催
広島市現代美術館
後援
広島県、広島県教育委員会、広島市教育委員会

イベント・カレンダー

2024
7
19