終了

特別展
「YES オノ・ヨーコ」展

2004年1月27日(火) — 3月28日(日)

オノ・ヨーコ(1933年、東京生まれ)は、1950年代から前衛的なイヴェントや、オブジェ、映像作品の制作などを行い、その活動は多くのアーティストたちに影響を与えました。さらに夫となったジョン・レノンと共に行ったパフォーマンス《平和のためのベッド・イン》やニューヨークをはじめ世界各地の都市のビルボードにかかげた《戦争は終わった!》は、美術や音楽の分野だけでなく、世界中の人々に平和を訴えかけるものでした。そして世界各地での平和が危ぶまれる近年においても、平和と共生の必要性を創作活動によって訴え続けています。《天井の絵/イエス(YES)・ペインティング》の天井に書かれた小さな「YES」の文字にみられるように、彼女の作品は観る者の想像を強く促し、前向きなメッセージを私たちに発信し続けているといえるでしょう。
展覧会では、これまで日本ではまとめて紹介されることのなかった初期のオブジェや映像作品から近年の大規模なインスタレーションまでの約130点を紹介します。

1933年 東京に生まれる
1953年 ニューヨーク、サラ・ローレンス・カレッジで作曲と詩を学ぶ
1960年 ジョージ・マチューナスと知り合いフルクサスの活動に参加
1964年 「グレープフルーツ」を出版
1966年 ロンドンに移り活動、ジョン・レノンと出会う
1969年 ジョン・レノンと結婚、プラスティック・オノ・バンドを結成
反戦イヴェント「平和のためのベッド・イン」を行う
1980年 ジョン・レノンとの共作「ダブル・ファンタジー」発表
1989年 ホイットニー美術館(NY)にて個展
1995年 「ヒロシマ以後:現代美術からのメッセージ」(広島市現代美術館)に出品、ソロ・コンサート「オノ・ヨーコ/今/祈念コンサート」(厳島神社)を行う
2000年 ジャパン・ソサエティー(NY)にて「YES YOKO ONO」展

基本情報

会期
2004年1月27日(火) — 3月28日(日)
開館時間
10:00–17:00

※入場は閉館の30分前まで

休館日
月曜日
観覧料
一般910(730)円、大学生680(540)円、小中高生450(360)円
  • ( )内は前売り及び30名以上の団体料金
主催
広島市現代美術館、ジャパン・ソサエティー(ニューヨーク)、朝日新聞社、広島ホームテレビ
後援
広島県、広島県教育委員会、広島市教育委員会
協賛
凸版印刷株式会社

イベント・カレンダー