終了

特別展
第6回公募「広島の美術」

2000年2月11日(金) — 4月9日(日)

公募「広島の美術」は、広島で美術を愛する多くの人々に参加し競っていただき、この地域の現況を市民の方々に紹介する目的で設けられました。1989(平成元)年度から隔年で開催してきた本展も、今回で6回目を迎えます。この度から審査方法を含む展覧会の運営全体に見直しを図った結果、全作品を展示し、それを一般公開したうえで審査することにしました。応募点数では、平面、立体、映像の3部門あわせて412点(同作家数)の作品が寄せられました。この応募者数は過去最多の記録でした。その中から選ばれた入選作品111点(入賞作品15点を含む)を本展で展示いたします。これらの作品は、いずれも美術創作において斬新な力作であり、広島の美術界に新たな活力を生み出すものといえるでしょう。

基本情報

会期
2000年2月11日(金) — 4月9日(日)
開館時間
10:00–17:00

※入場は閉館の30分前まで

休館日
会期中無休
観覧料
一般500(400)円、大学生300(240)円、小中高生100(80)円 ※( )内は前売り及び30名以上の団体料金
主催
広島市現代美術館、中国新聞社
後援
広島県、広島県教育委員会、広島市教育委員会、NHK広島放送局、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送
協賛
株式会社天満屋、株式会社広島そごう、株式会社福屋

イベント・カレンダー