終了

特別展
ストックホルム近代美術館展 
ピカソからウォーホルまで

1997年6月14日(土) — 7月20日(日)

美しい自然と豊かな文化に恵まれた北欧の国・スウェーデン。その首都ストックホルムにある国立近代美術館は、二〇世紀美術を所蔵する世界有数の美術館として知られています。フォーヴィスム、キュビスム、シュルレアリスム、ポップアートといった二〇世紀美術のさまざまな流れを系統的に集めているその良質のコレクションは、スウェーデンの人々のみならず、世界の人々から親しまれ、高く評価されています。
本展では、そのコレクションの中からピカソ、マティス、ミロ、ウォーホルなど二〇世紀美術の巨匠たちの作品七六点のほか、スウェーデン作家の作品一八点、あわせて九四点により、さまざまな展開をとげた二〇世紀美術の軌跡をたどります。

出品作家
エドワルド・ムンク、オスカー・ココシュカ、エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー、エミール・ノルデ、ヴァシリー・カンディンスキー、アンリ・マティス、ジョルジュ・ルオー、アメデオ・モディリアーニ、パブロ・ピカソ、ジョルジュ・ブラック、ホアン・グリス、ロベール・ドローネ、フェルナン・レジェ、アメデ・オザンファン、ピエト・モンドリアン、パウル・クレー、マルク・シャガール、クルト・シュヴィッターズ、マルセル・デュシャン、マックス・エルンスト、ジョアン・ミロ、アレクサンダー・カルダー、ルネ・マグリット、イヴ・タンギー、メレット・オッペンハイム、ジャン・アルプ、アンリ・ローランス、アルベルト・ジャコメッティ、ジャン・フォートリエ、ジャン・デュビュッフェ、ルーチョ・フォンタナ、ピエロ・マンゾーニ、バーネット・ニューマン、ウィレム・デ・クーニング、ジョゼフ・コーネル、フランシス・ベイコン、アルフレッド・レスリー、ジャスパー・ジョーンズ、ケネス・ノーランド、ロイ・リクテンスタイン、ジャン・ティンゲリー、アルマン、ジェイムズ・ローゼンクイスト、エロ、ジム・ダイン、アンディ・ウォーホル、クレス・オルデンバーグ、ドナルド・ジャッド、ジョエル・シャピロ、ニルス・フォン・ダルデル、スヴェン・エーリックソン、ブルール・ユート、レンナット・ルーデ、アーネ・ユーネス、ペール・ウーロフ・ウルトヴェット、トシュテン・アンデション、エディー・フィッゲ、オイヴィント・ファールストローム、ラーシュ・ヒレシュベリィ、ウーラ・ビルグレン

基本情報

会期
1997年6月14日(土) — 7月20日(日)
開館時間
10:00–17:00

※入場は閉館の30分前まで※7月20日は19:00まで

休館日
会期中無休
観覧料
一般910(730)円、大学生610(480)円、小中高生300(240)円 ※( )内は前売り及び30名以上の団体料金
主催
広島市現代美術館、ストックホルム近代美術館、読売新聞大阪本社、広島テレビ、美術館連絡協議会
後援
外務省、文化庁、スウェーデン大使館、広島県、広島県教育委員会
協賛
花王株式会社、住友海上

イベント・カレンダー