終了

特別展
第5回公募「広島の美術」

1998年2月14日(土) — 4月5日(日)

公募「広島の美術」は、広島在住あるいは広島出身の優れた作家を紹介するとともに、郷土の美術活動を活性化させることを目的としています。平成元年から2年ごとに開催してきた本展も、今回で5回目を迎えました。審査に寄せられた作品は平面、立体そして映像の3部門であわせて356点。本展では、そのなかから審査によって選ばれた入賞作品16点を含む、計107点の作品を展示します。これらの入選作品は、いずれも現代美術の創作において可能性を秘めた力作ばかりであり、広島の美術界に新たな方向性を示唆するものといえます。

基本情報

会期
1998年2月14日(土) — 4月5日(日)
開館時間
10:00–17:00

※入場は閉館の30分前まで

休館日
会期中無休
観覧料
一般500(400)円、大学生300(240)円、小中高生100(80)円 ※( )内は前売り及び30名以上の団体料金
主催
広島市現代美術館、中国新聞社
後援
広島県、広島県教育委員会、NHK広島放送局、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送
協賛
株式会社天満屋、株式会社広島そごう、株式会社福屋

イベント・カレンダー