終了

特別展
ヘンリー・ムーア 自作と収集品に見る創造の原風景

1993年4月9日(金) — 5月16日(日)

イギリスの生んだ現代彫刻の巨匠ヘンリー・ムーアは、自然と人間愛に根ざした独自の造形を確立し、20世紀の美術史に不滅の足跡を残しています。また豊かなフォルムの作品は、それらの持つ独特のぬくもりと親しみによって、世界の人々の心をとらえ、愛され続けてきました。このたびの展覧会は、ムーア没後初の回顧展となりますが、とりわけ創造の原風景を探るという視点に特徴があります。本展は、会場内に作家のアトリエ、居間、寝室を再現することで創造と生活の時空を共有し、彼の精神と身体の記憶を身近に伝えようとするものです。それらの部屋には、ムーア自身の作品のみならず、生前収集した古今東西の美術品や自然の造形物がそのままに置かれ、彼の嗜好した小宇宙が再構成されます。
ある偉大な作家の創作活動を、その帰結としての完成作品と、インスピレーションの源泉としての造形物、さらにそれらをとりまく環境をも視野に入れる本展は、ユニークかつ価値のある展覧会になると考えます。また日頃から「アーチ」を始め、当館のコレクションによってムーア作品に親しんでいただいている皆様にとっても、ムーア芸術をよりよく理解するうえで、大きな意味をもつものと思います。

基本情報

会期
1993年4月9日(金) — 5月16日(日)
開館時間
10:00–17:00

※入場は閉館の30分前まで

休館日
会期中無休
観覧料
一般720(570)円、大学生410(320)円、小中高生200(160)円 ※( )内は前売り及び30名以上の団体料金
主催
広島市現代美術館、中国新聞社、NHK広島放送局
後援
外務省、文化庁、ブリティッシュ・カウンシル、広島県、広島県教育委員会

イベント・カレンダー