特別展第11回ヒロシマ賞受賞記念 アルフレド・ジャー展

平和を希求する「ヒロシマの心」を、現代美術を通して世界に伝えるために創設された「ヒロシマ賞」。その第11回目の受賞者アルフレド・ジャー(1956- )は、世界各地で起きた歴史的な事件や悲劇、社会的な不均衡に対して、綿密な調査と取材にもとづくジャーナリスティックな視点をもって対峙しながら、公共の場での作品の提示や、写真、映像そして建築的な空間造形を伴った五感に訴えかけるようなインスタレーションによって、現代社会の様々な問題を私たちに伝えてきた作家です。日本で初めての本格的な個展となる本展では、これまでの代表作とともに、ヒロシマのための新作を展示します。

アルフレド・ジャー《Music [Everything I know I learned the day my son was born]》2013

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS

メールニュース