ホームすべてのプロジェクト横山裕一:「実施しろ」「何をだ」

project

横山裕一:「実施しろ」「何をだ」

Yuichi Yokoyama: “Do it.” “What?”

©︎YUICHI YOKOYAMA 「出現」『燃える音』888ブックス発売より

©︎YUICHI YOKOYAMA 『PLAZA』888ブックス発行より

プロジェクト概要

疾走感のある描線や独特なキャラクターたちの繰り広げるナンセンスな会話等で「ネオ漫画」とも称される横山裕一の作品が、比治山公園に点在する看板や工事のための通行止めフェンスなどに登場。さらに、比治山を飛び出して市内の様々な場所に展開していく。作品は今回のプロジェクトのための描き下ろし。比治山やゲンビにまつわることがらをテーマに、登場人物たちによる不思議な会話が繰り広げられます。

Yuichi Yokoyama’s work is known as “Neo-Manga” for his speedy line strokes and unique characters who repeat conversations that make no sense. In this project, Yokoyama’s works appear on signboards and construction fences in the Hijiyama Park. The works will further spread outside the park to various places in town. Newly created works feature themes relating to Hijiyama and the museum in which Yokoyama’s characters deliver the conversations that makes viewers wonder.

アーティスト・プロフィール

横山裕一

宮崎県生まれ。武蔵野美術大学油絵科卒業。 宮崎県出身だが、父親の仕事の関係で幼少時より転々と国内各地を引越ししていた。2000 年以降、 油絵よりも「時間が表現できる」漫画に活動領域を広げると、その独創的な作品は後に「ネオ漫画」 と称され、様々な分野から注目を集める。国内のみならず海外での評価も高く、漫画は欧米で出版。 本人いわく、友人と自分の会話を録音し、それを聴きながら描くのが好き。
@neomanga

ページのトップへ戻る