1945年±5年

戦争と復興:激動の時代に美術家は何を描いたのか

2016年7月30日(土)〜10月10日(月・祝)

中西利雄《散策》1940年茨城県近代美術館蔵[前期展示]

小早川秋聲《国之盾》1944年(一部1968年改作)
京都霊山護国神社蔵(日南町美術館寄託)

吉原治良《群像》1946年頃
兵庫県立美術館蔵

久保守《戦後の風景》1947年
東京都現代美術館蔵

展覧会概要

岡本太郎、香月泰男、須田国太郎、藤田嗣治、水木しげる など、
約70名の作家、約200点の作品で振り返る激動の11年間。

「1945年±5年」展は、1945(昭和20)年を境にして、その前後それぞれ5年間の日本の美術をとりあげる展覧会です。その前半は1937(昭和12)年から始まる日中戦争、1941(昭和16)年からのアジア・太平洋戦争の時代、後半は日本が敗戦を迎え、連合国によって占領統治された時代にあたります。日本近代史上、最も激動の時代といえるでしょう。その過酷な時代に美術家はどのような表現を行い、社会とどのような関係を築いたのでしょうか。
戦争が軍事力だけではなく、国のあらゆる力を総動員して行われる総力戦となったこの時代、美術の活動は厳しく統制され、戦争遂行に協力することが求められました。画家たちは戦争画や、銃後の人々を顕彰する絵などを制作したのです。しかしながら、戦争画の中にはそれだけに終わらない要素もあり、また個々の美術家の営みは戦争協力に限られるわけでもありません。時代の巨大な渦に巻き込まれながらも、美術家たちは多様な動きを見せました。本展覧会は、こうした動きを油彩画を主とする200点近い作品によって紹介するものです。

※下記日程で一部作品の展示替えを行います。
[前期] 7月30日(土)〜9月4日(日)
[後期] 9月6日(火)〜10月10日(月・祝)
該当作品は「作品リスト」をご覧ください。

会期 2016年7月30日(土) 〜10月10日(月・祝)
開館時間 10:00〜17:00 ※入場は16:30まで
休館日 月曜日(ただし9月19日(月)、10月10日(月)は開館、9月20日(火)は休館)
観覧料 一般1,030(820)円、大学生720(620)円、
高校生・65歳以上510(410)円、中学生以下無料
※( )内は前売りおよび30名以上の団体料金
主催 広島市現代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
後援 広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、
尾道エフエム放送
協力 ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜

展覧会の見どころ

●約70作家、約200点というボリューム
200点もの出品作品数を誇る本展。岡本太郎、小磯良平、東山魁夷、藤田嗣治、松本竣介、水木しげるなど、日本美術や戦後文化の歴史に名を残す美術家たちの作品が一堂に会します。
●絵画の多彩な魅力を堪能できる
この時代の雰囲気から暗く重々しい作品ばかりを想像される方も多いかもしれません。しかし本展出品作品の作風やモチーフは多岐にわたります。人物画では兵士から女性・子どもまで、風景画では廃墟から美しい自然まで、各美術家独自の表現を見ることができます。
●日本近代史激動の11年間を美術作品により概観
開戦から敗戦そして占領統治と、時代の大きな転換期であった11年。本展はこの11年を11の章によって概観します。日本近代史上、最も激動の時代を美術作品によってたどる、美術史・日本史両方の観点で興味深い展覧会です。
●変化する戦争画
戦争画で多いのは、兵士に付き従い背後から兵士を描いた作品です。しかし1941年のアジア・太平洋戦争以降では、兵士が観客側に顔を向け観客が感情移入しやすいものが増えています。時代ごとに違いが見られる戦争画の役割や描いた美術家の心情などを思いながら見比べてみてください。

作品リスト(PDF)

展覧会構成

モダンと豊かさの終焉

植民地、「満州国」、占領地

軍隊と戦争

南方

大きな物語とミクロコスモス

戦地から内地へ

銃後と総力戦

自然と廃墟

労働、世相、女性

前衛の復興

戦争回顧

関連プログラム

オープニング・ギャラリー・トーク

2016年7月30日(土)14:00-15:30

講師:出原均氏(兵庫県立美術館学芸員、本展覧会企画者)

※要展覧会チケット、事前申込不要

特別講演会「敗戦と美術─変わったことと変わらないこと」

2016年9月17日(土)14:00-15:30

講師:木下直之氏(東京大学教授、文化資源学)
※要展覧会チケット(半券可)、事前申込不要


学芸員によるギャラリー・トーク

2016年8月27日(土)14:00-15:00

本展担当学芸員が展覧会について解説します。

※要展覧会チケット、事前申込不要

 

 

展覧会カタログ

展覧会カタログ

出品作品210点の全図版を掲載し、作品解説文も充実。
展覧会を一冊に丸ごと凝縮した、売切必至の必携カタログです。

価格:2,000円(税込)
ページ数:176ページ
仕様:B5
発行:兵庫県立美術館、広島市現代美術館

展覧会カタログ 通信販売はこちら

※会期終了後の購入について

売り切れ及び価格や送料が変更になる可能性がありますので、
館ウェブサイトのショップページでご確認ください。

[目次]

  • あいさつ
  • 図版
    • Ⅰ モダンと豊かさの終焉
    • Ⅱ 植民地、「満州国」、占領地
    • Ⅲ 軍隊と戦争
    • Ⅳ 南方
    • Ⅴ 大きな物語とミクロコスモス
    • Ⅵ 戦地から内地へ
    • Ⅶ 銃後と総力戦
    • Ⅷ 自然と廃墟
    • Ⅸ 労働、世相、女性
    • Ⅹ 前衛の復興
    • Ⅺ 戦争回顧
  • テキスト
    • 「1940年代美術を覗く」/出原 均
  • 作品目録・解説
ページのトップへ戻る