世界が妙だ! 立石大河亞+横山裕一の漫画と絵画 - 広島市現代美術館

展覧会概要

二人のアーティストが提示する「妙な世界」。
展示室を埋め尽くす漫画原画と絵画をご堪能ください。

立石大河亞/タイガー立石/立石紘一(1941-98)は、1963年、第15回読売アンデパンダン展に出品し、美術家としてのキャリアをスタートさせました。65年から漫画を描き始め、ほどなく新聞や雑誌に連載をもつまでになり、漫画家としての地位を確立します。ミラノへと拠点を移した69年には、漫画の手法である「コマ割り」を絵画にもちこみ、ストーリー性や時間的要素を取り入れた絵画を手がけました。
大学で油彩を学んだ横山裕一(1967-)は、ベニヤ板にペンキで風景や人物を描きながら、自身の絵画のスタイルを模索する日々を過ごしますが、イラストの仕事を通じて、2004年に『ニュー土木』で単行本デビューを果たします。「ネオ漫画」と称される横山の漫画に明確なストーリー展開はなく、複数の登場人物による非友好的かつ目的不明な行為、謎の物体が移動、変形するさまを描写することにより、純粋な時間の流れが表されます。
本展覧会では、立石大河亞のコマ割り絵画を含む油彩、60年代から80年代に制作した漫画原画、そして、横山裕一が初期に手がけた絵画、新作漫画『アイスランド』、本展のために描き下ろした漫画原画を紹介します。立石も横山も制作に際し、私たちの暮らす世界を参照しながら、現実を引きずることなくもうひとつの世界を大胆に提示します。不条理に満ちた、妙な世界の住人が繰り広げる意味不明な会話、ナンセンスな行為など、一見「なんでもあり」な状況がもたらすユーモアは、翻って私たちの世界を改めて見つめる機会となるでしょう。

会期 2016年10月28日(金) 〜2017年1月22日(日)
開館時間 10:00〜17:00 ※入場は16:30まで
休館日 月曜日(ただし1月2日・9日は開館)、
年末年始(12月27日(火)~1月1日(日))、
1月4日・10日
観覧料 一般1,030(820)円、大学生720(620)円、
高校生・65歳以上510(410)円、中学生以下無料
※( )内は前売りおよび30名以上の団体料金
※11月3日(文化の日)は全館無料
主催 広島市現代美術館、中国新聞社
後援 広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送
協力 山本現代、ウラノ、ナンヅカ

展覧会の見どころ

●漫画と絵画を融合させた二人の作家の絶「妙」な組み合わせ
●立石大河亞の時空がねじれた奇「妙」なSF的世界
●ストーリー不在で軽「妙」に展開される横山裕一の逸脱した世界
●立石の絵画を横山が〈模写〉した「妙」趣あふれるコラボレーション
立石大河亞《アラモのスフィンクス》1966年
東京都現代美術館蔵 
©Tiger TATEISHI

立石大河亞《アラモのスフィンクス》1966年
東京都現代美術館蔵
©Tiger TATEISHI

横山裕一 「ハンター」原画 2016年
©Yuichi Yokoyama

横山裕一 「ハンター」原画 2016年
©Yuichi Yokoyama

立石大河亞《ミクロ富士》1984年
森美術館蔵
©Tiger TATEISHI

立石大河亞《ミクロ富士》1984年
森美術館蔵
©Tiger TATEISHI

横山裕一 「火山」原画 2016年
©Yuichi Yokoyama

横山裕一 「火山」原画 2016年
©Yuichi Yokoyama

立石大河亞(1941-98)

立石大河亞

福岡県生まれ。武蔵野美術短期大学芸能デザイン科卒業。 本名・立石紘一で美術活動を開始、1968 年にタイガー立石に改名し漫画の世界に活動を移す。 1969 年に漫画家としての活動を打ち切り、イタリアへ移住。1982 年に帰国した後は、漫画や絵 画をはじめ多彩な活動を展開。1990 年以降、立石大河亞の名も使用。その名のとおり、作品には 虎が頻繁に登場する。

写真︰©Tiger TATEISHI

1940年代

1941年
福岡県伊田町(現・田川市)に生まれる。本名は立石紘一。

1960年代

1961年
武蔵野美術大学短期大学芸能デザイン科に入学。
1963年
武蔵野美術大学短期大学芸能デザイン科卒業。
展覧会「第15回読売アンデパンダン展」東京都美術館、東京
《共同社会》でデビュー。
1964年
中村宏と「観光芸術研究所」設立(~66年)。

《立石紘一のような》
1964年 高松市美術館蔵
©Tiger TATEISHI

1965年
出版『週刊アサヒ芸能』に「立石紘一SF劇場」を掲載(~68年)。
1967年
出版『毎日中学生新聞』に「コンニャロ商会」連載(~69年)。
1968年
「タイガー立石」のペンネームを使用しはじめる。
出版『立石紘一漫画集TIGER TATEISHI』(自費出版)
出版『タイガー・立石漫画集 No.2 WANTED!』(自費出版)
出版『平凡パンチ』に「Kizzy& Lucy」連載。
出版『ヤングエース』に「ストンコ・チンコ商会」連載。
1969年
渡伊、ミラノに滞在。「コマ割り絵画」を描き始める。
出版『週刊 少年サンデー』に「世界のギャグさんこんにちは!」連載。

1970年代

1970年
展覧会Tiger Tateishi, Galleria il sole, Bergamo, Italy
1974年
シルクスクリーン作品を制作。
1975年
展覧会Tiger Tateishi, Gallery lolas, New York, US

《輪のミステリー》
1975年 板橋区立美術館蔵
©Tiger TATEISHI

1976年
展覧会Tiger Tateishi, Gallerie Alexander lolas, Paris, France
1977年
展覧会「タイガー立石展」サトウ画廊、東京

1980年代

1982年
帰国。
出版『虎の巻 アララ仙人のおかしな世界』(工作舎)

『虎の巻 アララ仙人のおかしな世界』(1982年)より
《つり》
Courtesy of YAMAMOTO GENDAI
©Tiger TATEISHI

『虎の巻 アララ仙人のおかしな世界』(1982年)より
《海宇宙》
Courtesy of YAMAMOTO GENDAI
©Tiger TATEISHI

1983年
出版『虎の巻』(思索社)
出版『コンニャロ+デジタル紹介』(筑摩書房)
出版『ユリイカ』に「デジタルコミック」連載。

『虎の巻』のための虎のドローイング(思索社)1983年
©Tiger TATEISHI

1984年
出版『サンデー毎日』に漫画「虎家族」連載。
出版『とらのゆめ』(福音館書店)
1986年
出版『ままです すきです すてきです』(福音館書店)
1989年
展覧会「タイガー立石展1963~66年:立石紘一の展開」村松画廊、東京
出版『FRONT』に《水の巻》連載(~90年)

1990年代

1990年
以降、「立石大河亞」の名を使用。
1994年
展覧会「立石大河亞1963-1993展 筑豊・ミラノ・東京、そして…」田川市美術館、福岡
1996年
展覧会「立石大河亞展 陶による世界模型・万物のうらおもて」INAXギャラリー、東京
1998年
4月17日、歿(享年56)
1999年
展覧会「立石大河亞展 THE ENDLESS TIGER」田川市美術館、福岡
展覧会「メタモルフォーゼ・タイガー 立石大河亞と迷宮を歩く」O美術館、東京

2000年代

2007年
展覧会「六本木クロッシング2007」森美術館、東京

2010年代

2010年
出版『TRA(トラ)』(工作舎)
2011年
展覧会「ヨコハマトリエンナーレ2011 Our Magic Hour」横浜美術館、神奈川
2014年
出版『ムーン・トラックス タイガー立石のコマ割り絵画劇場』(工作舎)
2015年
DOMMUNE収録配信「THE 100 JAPANESE CONTEMPORARY ARTISTS #027/立石大河亞」対談:天野一夫×市毛富美子、山本現代、東京
2016年
展覧会「美術は語られるー評論家・中原佑介の眼」DIC川村記念美術館、千葉

横山裕一(1967-)

横山裕一

宮崎県生まれ。武蔵野美術大学油絵科卒業。 宮崎県出身だが、父親の仕事の関係で幼少時より転々と国内各地を引越ししていた。2000 年以降、 油絵よりも「時間が表現できる」漫画に活動領域を広げると、その独創的な作品は後に「ネオ漫画」 と称され、様々な分野から注目を集める。国内のみならず海外での評価も高く、漫画は欧米で出版。 本人いわく、友人と自分の会話を録音し、それを聴きながら描くのが好き。

写真︰©Yuichi Yokoyama, Courtesy of URANO

1960年代

1967年
宮崎県都城市に生まれる。

1980年代

1986年
武蔵野美術大学油絵科に入学。

1990年代

1990年
大学卒業。
1992年
公募ガイドを見て、公募展に多数出品。落選が続く。

《たき》1992年
Courtesy of NANZUKA
©Yuichi Yokoyama

1993年
公募ガイドを見て応募した松島現代美術展に参加。
1995年
公募展を諦める。
漫画を描くようになる。

《決闘》1995年
Courtesy of URANO
©Yuichi Yokoyama

1997年
印刷媒体での活動を受け入れ、商業的な路線で行くことを決意。
1999年
出版「土木」「モデルルーム」を作成。

2000年代

2000年
出版『サイゾー』に「ペット」掲載(はじめて世に出た漫画作品)。
2003年
展覧会「空気公団+横山裕一Tシャツ展」東京
2004年
出版『STUDIO VOICE』(INFASパブリケーションズ)に「カラー土木」連載開始。
出版『ニュー土木』(イースト・プレス)
2006年
展覧会「縄文と現代」青森県立美術館、青森
出版『横山裕一カラー画集』(ブルーマーク)
出版『トラベル』(イースト・プレス)
2007年
展覧会Crystal Crunch, Perugi Artecontemporanea Gallery, Padova, Italy
展覧会「六本木クロッシング2007」森美術館、東京
2008年

『ベビーブーム』(2009年)より
《料理》2008年
Courtesy of the Artist
©Yuichi Yokoyama

2009年
展覧会New York Minute, Museum of Contemporary Art of Rome, Italy
展覧会City_net Asia 2009, Seoul Museum of Art, Korea
出版『アウトドア―』(講談社)
出版『ベビーブーム』(イースト・プレス)

2010年代

2010年
読者向け日報(ツイッター)をはじめる。
展覧会NEW PEOPLE COLLECTION, NEW PEOPLE, San Francisco, US
展覧会「横山裕一 ネオ漫画の全記録:『わたしは時間を描いている』」川崎市民ミュージアム、神奈川
展覧会「BBF」ARATANIURANO、東京
展覧会Comics Festival Boomfest, Saint Petersburg, Russia
出版『ベビーブームファイナル』(アキオナガサワパブリッシング)
2011年
展覧会「横山裕一展~きみはネオ漫画を見たか~」三菱地所アルティアム、福岡
展覧会「カラー土木」NANZUKA UNDERGROUND、東京
出版『カラー土木/Color Engineering』(NANZUKA UNDERGROUND/Picture Box, US)
2013年
展覧会「ルームと世界地図」ARATANIURANO、東京
展覧会「あいちトリエンナーレ2013」愛知
出版『ルーム』(ハモニカブックス)
出版『世界地図の間』(イースト・プレス)

『世界地図の間』(2013年)より
《世界地図の間》
©Yuichi Yokoyama

2014年
展覧会「これがそれだがふれてみよ」兵庫県立美術館、兵庫
展覧会Yûichi Yokoyama: Wandering through Maps, un voyage a travers les cartes, Pavillon Blanc, Colomiers, France
展覧会「横山裕一×シュルレアリスム」宮崎県立美術館、宮崎

《ひろば(仮)》2014年-(継続して制作中)
©Yuichi Yokoyama

2015年
展覧会「横山裕一〈これをネオ漫画と呼ぶ〉集合する名士とけもの」京都国際マンガミュージアム、京都
展覧会「ファッションと密室」ARATANIURANO, NADiff a/p/a/r/t、東京
2016年
展覧会「土木展」21_21 DESIGN SIGHT、東京
出版『アイスランド』(888ブックス)

インタビュー動画

関連プログラム

「ネオ漫画」公開制作!

2016年10月28日(金)、29日(土)13:00~16:30

横山裕一による新作漫画制作の現場をご覧いただけます。

会場:当館展示室

※要展覧会チケット

[参考]横山裕一公開制作風景(2010年、川崎市民ミュージアム)
©Yuichi Yokoyama, Courtesy of URANO

 


スペシャル対談1

2016年11月26日(土)14:00~15:30

立石大河亞と横山裕一、両者の魅力を語りつくします。

講師:天野一夫(美術評論家)+横山裕一
会場:当館1階エントランス(予定)
定員:80名
※事前申込不要

天野一夫

1959年生まれ。国際美術評論家連盟会員。京都造形芸術大学教授、豊田市美術館チーフキュレーターを歴任。主な企画展に「書と絵画との熱き時代」展(1992年)、「ART IN JAPANESQUE」(1993年)、「「森」としての絵画 」展(2007年)、「六本木クロッシング2007」、「近代の東アジアイメージ」展(2009年)、「変成態―リアルな現代の物質性」展(2009~10年)など。主な著作に『「日本画」 - 内と外のあいだで』(共著)、『美術史の余白に』(同) 等がある。


ワークショップ

2016年11月27日(日)14:00~15:30

原画(複製)にスクリーントーンを貼って漫画を完成させます。

講師:横山裕一
会場:当館内(参加者には後日通知)
参加費:500円
対象:中学生以上
定員:30名
※要事前申込、申込多数の場合は抽選

《ひろば(仮)》2014年-(継続して制作中)
©Yuichi Yokoyama
※参考画像(同じ原画を使用するとは限りません)


スペシャル対談2

2017年1月14日(土)14:00~16:00

立石大河亞の作品の魅力に迫ります。

講師:市毛(立石)富美子+椹木野衣(美術評論家)
会場:当館地下1階ミュージアムスタジオ
定員:100名
※要展覧会チケット(半券可)、事前申込不要

市毛富美子(立石富美子)

1940年東京生まれ。1963年多摩美術大学油絵科卒業、1964年11月立石紘一(大河亞)と入籍。
主な個展に「透過する存在」 (村松画廊 、東京、1998年、ギャラリーみやこ、千葉、1989年)、「四次元デッサン」 (アートギャラリーk2 、東京、1992年)、「Invisible Matter-認識の模型」( アートギャラリーk2 、東京、1992)、「drawingにおける多次元転換」 (中京大学Cスクエアプラス 、名古屋、1992年)等がある。

椹木野衣

1962年埼玉県秩父市生まれ。美術批評家。著書に『増補シミュレーショニズム』(ちくま学芸文庫)、『日本・現代・美術』『なんにもないところから芸術がはじまる』(ともに新潮社)、『「爆心地」の芸術』(晶文社)、『太郎と爆発』(河出書房新社)、『戦争と万博』『後美術論』(ともに美術出版社、後者で第25回吉田秀和賞受賞)、『反アート入門』(幻冬舎)、『アウトサイダー・アート入門』(幻冬舎新書)など多数。現在、多摩美術大学美術学部教授。


学芸員によるギャラリー・トーク

2016年10月29日(土)、12月17日(土)14:00~15:00

本展担当学芸員が作品解説を行います。

※要展覧会チケット、事前申込不要

展覧会カタログ

価格:2,000円(税込)
ページ数:144ページ
仕様:B5/日英バイリンガル
デザイン:服部一成、佐藤豊
発行:広島市現代美術館
翻訳:パメラ三木、クリストファー・スティヴンズ、キャシー・セル
印刷:大伸社

展覧会カタログ 通信販売はこちら

※会期終了後の購入について

売り切れ及び価格や送料が変更になる可能性がありますので、
館ウェブサイトのショップページでご確認ください。

[目次]

  • 立石大河亞
    • 作品図版
    • 略年譜
    • 出品作品リスト
  • 横山裕一
    • 作品図版
    • 略年譜
    • 出品作品リスト
  • テキスト
    • 「妙な世界へようこそ!」/角 奈緒子(広島市現代美術館学芸員)
    • 「立石大河亞と横山裕一におけるマンガ表現――記号、コマ、赤塚不二夫」/イトウユウ(京都精華大学国際マンガ研究センター)
ページのトップへ戻る