山口啓介 後ろむきに前に歩く

2019年6月8日[土]ー9月4日[水] 広島市現代美術館

[展覧会概要]

《震災後ノート》2011-

《歩く方舟》は
瀬戸内海にある男木島にたっています
会期
2019年6月8日(土)-9月4日(水)
開館時間
10:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(ただし、7/15、8/12は開館)、7/16(火)、8/13(火)

観覧料
一般1,000円(800円)、大学生700円(600円)、
高校生・65歳以上500円(400円)、中学生以下無料
※( )内は前売り及び30名以上の団体料金
主催
広島市現代美術館、中国新聞社
協力
花の森みやもと、とくなが園芸
後援
広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送

美術家 山口啓介(1962–)は1980年代後半、方舟を描いた大型の銅版画作品でデビューし、一躍注目を浴びます。以後は版画にとどまらず、花や種子、心臓、人体とモチーフを変化させながら、絵画や立体などさまざまなかたちで作品を生みだしてきました。

一方、東日本大震災が起きた3日後、2011年3月14日から山口は、後に《震災後ノート》と名付けることになる「日記」をつけはじめ、今日まで1日も欠かさず書きつづけてもいます。原子力発電にまつわる情報を中心にした日々のニュースがひたすら書き写されるそのノートは、現実の流れに抗して自分の足で歩こうとする山口の意志の現れといえるでしょう。

「人は未来を見ることはできず、見えるのは過去か、今という瞬間だけだから、後ろむきに前に進んでいるようなものだ。」そう語る山口は現在、重なる顔をモチーフにした大型絵画の制作に力を注ぎ、いよいよ力強いイメージを実現しています。もはやまっすぐ進むことも困難なほどのたくさんの過去や記憶を背負いながら、それでもなお歩きつづけるための術を、山口とともに探ってみます。

[展示紹介]

1章

墓、方舟、蜂の巣

墓や船をモチーフにした初期の大型銅版画を中心に紹介します。《Calder Hall Ship-ENOLA GAY》では、原子力発電所とプルトニウム輸送船、および広島に原子爆弾を投下したアメリカ軍用機エノラ・ゲイのイメージが混ざりあい、さらには原子炉に端を発した蜂の巣のようなかたちも生まれています。黒く渦巻く画面が見る人に不安感をもたらします。

2章

種子、原植物、花の心臓

ゲーテの「原植物」*の思想や解剖学者 三木成夫らの影響を受けて制作された、花や植物をモチーフにした絵画と銅版画を中心に紹介します。生命の根源へとさかのぼりながら、植物と樹脂をカセットテープのケースに封入して積みかさねる立体作品「カセットプラント」のように、「美術」をめぐるジャンル横断的な実践がさまざまに繰りひろげられます。

* 文豪ゲーテは植物の研究においても多大な時間を費やし、独自の思想を展開しました。「花は葉の変形したものである」という彼の植物変形論は、37歳から2年間に及ぶイタリア紀行が契機となって本格的に始まりましたが、その過程で生まれ、後に結実するのが「原植物(Die Urpflanze)」、つまりあらゆる植物が由来する唯一の原形への確信でした。

3章

星、空、顔、山

ベンヤミンの「星座的配置」**の思想などにあらたに影響を受けながら、人体や顔、空や山といった常套的なモチーフが山口独自の感性によって解かれ、その思索によって結ばれていきます。《炉心臓 / 翼のゆくえ 山水の構図 1》では、さらに原子力発電所の炉心のイメージが重ねられ、不穏さと凛々しさを兼ねそなえた絵が生まれました。

** ベンヤミンは歴史が「星座(Constellation)」の様相をしていると考えました。夜空に輝く星々をつないで暗い夜空に新たな概念を想像/創造するように、歴史もまた事象と事象の間にいかなる関係性を見てとるかによって、絶えることのない再生産が可能となります。歴史を組み立てつづけることにより、屑星として価値を持たなかった過去をも新たに救いだすことができるのです。

4章

歩く方舟、震災後ノート

1990年代に頻出していた船のモチーフが2000年には「歩く船」へと変性し、2012年には「歩く方舟」となって再来し、自らの足で歩きだしました。2011年3月11日に東日本大震災が起こり、その3日後から現在まで山口が書き続けている《震災後ノート》とともに、彼の試作/思索の歩みを辿ります。

[作家紹介]

山口啓介

photo: AYAKA YAMAMOTO

山口啓介(やまぐち けいすけ)

1962年兵庫県生まれ。1985年武蔵野美術大学卒業後、本格的に作家活動を始めます。ニューヨーク(92年)、フィラデルフィア(92-93年)、デュッセルドルフ(95-96年)に滞在したことも、後の制作に大きな影響を与えました。現在は東京と兵庫を行き来しながら、精力的に活動を展開しています。 各地の美術館等で個展が開催され、2013年に参加した瀬戸内国際芸術祭では、男木島の波頭に《歩く方舟》を設置しました。人を包みこむようなスケール感をもつ絵画ほか、版画、彫刻、インスタレーションなど、さまざまなメディアによる作品を手がけています。

[関連プログラム]

アーティスト・トーク

講師
山口啓介
日時
2019年6月8日[土] 14:00-15:30
場所
展覧会場

※要展覧会チケット、申込不要


カセットプラント・ワークショップ

カセットテープのケースの中に乾燥させた植物と樹脂を封入し、積み重ねる「カセットプラント」の作品を、作家と一緒につくって、美術館に展示します。

講師
山口啓介
日時
2019年6月29日[土] 10:30-15:30
対象
中学生以上
定員
20名、参加無料

※要事前申込、申込多数の場合は抽選

応募はこちら


対談「美術とともに歩くために」

講師
山口啓介、島 敦彦(金沢21世紀美術館 館長)
日時
2019年7月7日[日] 14:00-16:00
会場
地下1階ミュージアムスタジオ
定員
80名

※要展覧会チケット(半券可)、当日10:00より受付にて整理券配布

島 敦彦しま あつひこ(金沢21世紀美術館 館長)

1956年富山県生まれ。1980年早稲田大学理工学部金属工学科卒業後、富山県立近代美術館、国立国際美術館、愛知県美術館を経て、2017年4月より現職。これまで、榎倉康二、内藤礼、安齊重男、小林孝亘、OJUN、畠山直哉、オノデラユキらの個展を手がけたほか、2010年には「絵画の庭-ゼロ年代日本の地平から」、2013-14年には「あなたの肖像―工藤哲巳回顧展」を担当。現代美術の動向を絶えず注視しつつ、近年は、舞台やダンス・パフォーマンスにもできるだけ足を運ぶようにしている。


学芸員によるギャラリートーク

担当学芸員によるツアー形式の展示解説

日時
2019年6月22日[土]、7月15日[月・祝]、8月17日[土]
いずれも14:00-15:00

※要展覧会チケット、申込不要


アートナビ・ツアー

アートナビゲーターによるツアー形式の展示解説

日時
毎週土曜日、日曜日、祝日(対談、トーク開催時は除く)
各日11:00-11:30、14:00-14:30

※要展覧会チケット、申込不要

展覧会カタログ

山口 啓介
後ろむきに前に歩く

6月初旬刊行予定

作品図版だけでなく、作家の言葉や文章、インタビューをふんだんに採録し、アトリエ写真を新たに撮り下ろして掲載するなど、山口啓介の魅力をギュっと凝縮した1冊です。

価格:
2,500円+税
頁数:
232ページ
判型:
B6
企画:
広島市現代美術館
デザイン:
川村格夫(ten pieces)
アトリエ写真:
山元彩香
出版:
BlueSheep
ページのトップへ戻る