特別展シャルロット・ペリアンと日本


日本文化を愛しデザインの新潮流をつくった一人のフランス人女性
建築家・デザイナーの軌跡

シャルロット・ペリアン(1903~99年)は、1927年のサロン・ドートンヌに出品した「屋根裏のバー」が認められ、ル・コルビュジエのアトリエに入所しました。そこでル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレとともに、鉄、アルミニウム、ガラスといった新素材を用いた「住宅のインテリア設備」を発表し、新時代の住宅のあり方を提言しました。
1940年、かつてル・コルビュジエのアトリエで同僚だった坂倉準三の推薦により、商工省の「工芸指導顧問」として初来日したペリアンは、海外向けの工芸品の改良・指導を任され、柳宗理とともに日本全国をまわり、仙台の工芸指導所では若い研究員を対象に、素材の扱いやデザイン等を指導しました。

柳宗悦・柳宗理との出会い
日本の伝統との融合、モダンデザインの形成

日本滞在中に、「民藝」運動の推進者である柳宗悦や河井寬次郎らとも交流したペリアンは、「民藝」の理念に共鳴し、地方に残る伝統的な意匠や技術を同時代の感覚で再生しようと試みました。1941年の「ペリアン女史 日本創作品展覧会 2601年住宅内部装備への一示唆(通称「選擇 傳統 創造」展)」で発表した《竹製シェーズ・ロング》はその一つです。ペリアンに随行し仕事に取り組む姿を間近で見た若き日の柳宗理も、素材の性質を生かし、機能や用途にあった利用の仕方を追求する、デザインに対する彼女の姿勢に大きく影響を受けたと言われています。こうしたペリアンの活動は、柳宗理のみならず、戦後のデザイン界に強い影響を与え、日本のモダンデザインの形成のきかっけとなりました。
1953年、再び日本を訪れたペリアンは、東京で「芸術の綜合への提案―ル・コルビュジエ、レジェ、ペリアン三人展」(1955年)を開催。文楽から着想した椅子《オンブル(影)》をはじめ、違い棚をヒントにした《ビブリオテック・ニュアージュ(書架「雲」)》など、戦前の日本体験をデザインに生かした数々の名作を生み出し、高い評価を得ています。

5つの章で構成される本展では、家具、インテリアに関する図面、写真資料の他、ペリアンが撮影した写真、日本の友人と交わした書簡など約500点を紹介します。ペリアンと日本人との間に生まれた感性の共鳴とその波及をたどる本展は、21世紀の建築やデザインのあり方を考える機会となるでしょう。

特設サイト「シャルロット・ペリアンと日本」

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS