特別展丸木位里・俊 ―《原爆の図》をよむ

水墨による独自の表現を探究していた広島出身の丸木位里(1901-95)と、女子美術専門学校で油彩画を学んだ北海道出身の俊(赤松俊子・1912-2000)は、1941年に結婚します。ふたりは1945年8月に原爆投下後の広島を訪れたのち、自らの体験と家族などから聞いた話をもとに《原爆の図》初期三部作である《第1部 幽霊》、《第2部 火》、《第3部 水》を制作しました。これらは報道規制が敷かれた1950年代初頭に日本全国を巡回し、いち早く人々に被爆の惨状を伝えたことで反核反戦の象徴となっていきます。《原爆の図》は、作品が担った社会的役割の大きさだけでなく、洋画家の俊による繊細な人体描写と、日本画家の位里による大胆な水墨技法が融合した表現である点においても希有な作品といえるでしょう。 本展では《原爆の図》より、初期三部作に加え、《第4部 虹》、《第5部 少年少女》とともに、《原爆の図》の需要が高まる全国巡回展中につくられた初期三部作の「再制作版」を同時にご覧いただきます。丸木位里と俊、それぞれがこれらの作品の前後に単独で制作した作品もあわせて紹介し、ふたりの画業の連続性のなかで、《原爆の図》にみられる絵画的表現の試みを読み解きます。

「丸木位里・俊 ―《原爆の図》をよむ」特設ウェブサイト展覧会チラシ(PDF:2MB)

基本事項

会期 2018年9月8日(土)~11月25日(日)
開館時間 10:00~17:00
※入場は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(ただし、9月17日、24日、10月8日は開館)、9月18日(火)、25日(火)、10月9日(火)
観覧料 一般1,000円(800円)、大学生700円(600円)、
高校生・65歳以上500円(400円)、中学生以下無料
※( )内は前売り及び30名以上の団体料金
※ 11月3日(文化の日)は全館無料
前売り券の取り扱い場所一覧
主催 広島市現代美術館、中国新聞社
後援 広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送
協力 原爆の図丸木美術館

関連プログラム

2018年9月8日(土)10:30~11:30
ゲストによるスペシャル・ギャラリートーク

講師:岡村幸宣(原爆の図丸木美術館学芸員)
※要展覧会チケット、申込不要

2018年10月6日(土)14:00~15:30
講演会「原爆の図」の片隅に

同時代の美術作品を紹介しながら、《原爆の図》以降の時代について視覚表象研究と社会史の視点から考えます。
講師:足立 元(視覚社会史研究者/二松学舎大学専任講師)
会場:地下1階ミュージアムスタジオ
※要展覧会チケット(半券可)、申込不要

※モカパス会員は優先参加が可能です。モカパス


2018年10月14日(日)10:30~15:30(お昼休憩1時間)
ワークショップ「ガリ版刷り体験」

戦後の教育、社会運動、文化の場で活躍した「ガリ版刷り(謄写版印刷)」を体験します。
講師:神崎智子(版画家)
対象:小学4年生以上
定員:20名
※要事前申込、応募者多数の場合は抽選

※モカパス会員は優先参加が可能です。モカパス

[申込方法]
参加希望者の氏名(1通につき3名まで)、年齢、住所、電話番号を明記の上、当館ウェブサイト上の応募フォーム、または往復はがきで「丸木位里・俊展ワークショップ」係までご応募ください。
往復はがき宛先:
〒732-0815 広島市南区比治山公園1-1 広島市現代美術館「丸木位里・俊展ワークショップ」係
締切:9月28日(金)必着 ※受付終了しました

2018年9月29日(土)、10月20日(土)いずれも14:00~15:00
学芸員によるギャラリートーク

当館担当学芸員が展覧会について解説します。
※要展覧会チケット、申込不要


毎週土曜、日曜、祝日
各日11:00~11:30 および 14:00~14:30(講演会、ギャラリートーク開催時は除く)
アートナビ・ツアー

アートナビゲーターが展覧会について解説します。
※要展覧会チケット、申込不要


モカパス会員の関連プログラム優先受付についてモカパス

モカパス会員は上記関連プログラムの優先参加が可能です。申込方法等詳細はこちらをご覧ください。
【申込締切日】
■講演会「原爆の図」の片隅に/2018年9月26日(水)
■ワークショップ「ガリ版刷り体験」/2018年9月18日(火)

連携企画

広島市映像文化ライブラリーにて「丸木位里・俊―《原爆の図》をよむ」展関連上映を開催!!

2018年10月20日(土) ①10:30~ ②14:00~
『水俣の図・物語』

水俣病をテーマにした連作で知られる土本典昭監督が、《水俣の図》の制作に取り組む丸木夫妻の姿を追います。

『水俣の図・物語』
1981年 青林舎 113分 カラー 16㎜
演出/土本典昭 撮影/瀬川順一、一之瀬正史 音楽/武満 徹 詩/石牟礼道子

会場:広島市映像文化ライブラリー
鑑賞料:大人380円、65歳以上180円、高校生以下無料

2018年10月21日(日) ①10:30~ ②14:00~(3作品・99分)
『原爆の図』/『ひろしまのピカ』/『HELLFIRE 劫火 -ヒロシマからの旅-』

《原爆の図》制作と全国巡回展の様子を記録した『原爆の図』、丸木俊が描いた絵本《ひろしまのピカ》を映像化した『ひろしまのピカ』、ドキュメンタリーで知られるジャン・ユンカーマン監督が丸木夫妻の創作活動と画業をたどった『HELLFIRE 劫火 -ヒロシマからの旅-』、3作品を一挙上映。

『原爆の図』
1953年 新星映画社 17分 白黒 16㎜
監督/今井 正、青山通春 撮影/浦島 進 解説/赤木蘭子

『ひろしまのピカ』
1987年 シグロ、原爆の図丸木美術館 24分 カラー DVD
演出/土本典昭 絵・文/丸木 俊 音楽/小室 等 語り/中山千夏、竹下景子

『HELLFIRE 劫火 -ヒロシマからの旅-』
1988年 シグロ(日本語版製作) 58分 カラー 16㎜
監督/ジャン・ユンカーマン

会場:広島市映像文化ライブラリー
鑑賞料:大人380円、65歳以上180円、高校生180円、中学生以下無料

<広島市映像文化ライブラリー>
広島市中区基町3-1 tel. 082-223-3525
http://www.cf.city.hiroshima.jp/eizou/

市内2館との観覧料相互割引企画について

・広島県立美術館 hpam.jp
「ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~」(2018年7月21日(土) ~9月24日(月))
「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」(2018年10月8日(月) ~12月16日(日))
・ひろしま美術館
 hiroshima-museum.jp
「開館40周年 まるごとひろしま美術館展2018」(2018年9月1日(土)~ 9月30日(日))
「ひろしま美術館開館40周年記念 ブリヂストン美術館展」(2018年10月13日(土)~ 12月16日(日))

上記展覧会のチケット半券提示で、本展観覧料が100円割引になります。
また、本展チケット半券を提示すれば、上記展覧会が100円割引になります。
※1枚につき1名様限り有効です。
※所蔵作品展(コレクション展)は対象外です。
※割引の併用はできません。

原爆の図丸木美術館主催イベント

「いのちを観る、いのちを謳う」
11月18日(日)13:00~
会場:広島平和記念資料館東館メモリアルホール
定員:300名  有料・前売予約
◎対談「いま、《原爆の図》をどう観るか」
奈良美智(画家)×蔵屋美香(東京国立近代美術館企画課長)
◎トークと歌:二階堂和美(歌手)
イベントの詳細、お申し込みに関するお問い合わせは原爆の図丸木美術館まで。
<原爆の図丸木美術館>
tel. 0493-22-3266
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/

丸木位里《牛》1942
広島県立美術館蔵

丸木位里《梅》1955
原爆の図丸木美術館蔵

丸木俊《パラオ 二人の少女》1940 個人蔵

丸木俊《裸婦(解放されゆく人間性)》1947 個人蔵

丸木位里・俊《原爆の図 第1部 幽霊》(再制作版・部分)1950-51(後年に加筆)広島市現代美術館蔵

丸木位里・俊《原爆の図 第2部 火》(再制作版・部分)1950-51(後年に加筆)広島市現代美術館蔵

丸木位里・俊《原爆の図 第3部 水》(再制作版・部分)1950-51(後年に加筆)広島市現代美術館蔵

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS

メールニュース