特別展インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史

建築の歴史を振り返ると、完成に至らなかった素晴らしい構想や、あえて提案に留めた刺激的なアイディアが数多く存在しています。未来に向けて夢想した建築、技術的には可能であったにもかかわらず社会的な条件や制約によって実施できなかった建築、実現よりも既存の制度に対して批評精神を打ち出す点に主眼を置いた提案など、いわゆるアンビルト/未完の建築には、作者の夢や思考がより直接的に表現されているはずです。この展覧会は、20世紀以降の国外、国内のアンビルトの建築に焦点をあて、それらを仮に「インポッシブル・アーキテクチャー」と称しています。ここでの「インポッシブル」という言葉は、単に建築構想がラディカルで無理難題であるがゆえの「不可能」を意味しません。言うまでもなく、不可能に眼を向ければ、同時に可能性の境界を問うことにも繋がります。建築の不可能性に焦点をあてることによって、逆説的にも建築における極限の可能性や豊穣な潜在力が浮かび上がってくる─それこそが、この展覧会のねらいです。約40人の建築家・美術家による「インポッシブル・アーキテクチャー」を、図面、模型、関連資料などを通して読み解きながら、未だ見ぬ新たな建築の姿を展望します。

出品作家

会田誠、安藤忠雄、荒川修作+マドリン・ギンズ、アーキグラム、ヤーコフ・チェルニホフ、
ヨナ・フリードマン、藤本壮介、マーク・フォスター・ゲージ、ピエール=ジャン・ジルー、
ザハ・ハディド・アーキテクツ+設計JV、ジョン・ヘイダック、ハンス・ホライン、石上純也、磯崎新、
川喜田煉七郎、菊竹清訓、レム・コールハース/OMA、黒川紀章、ダニエル・リベスキンド、前川國男、
カジミール・マレーヴィチ、ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ、村田豊、長倉威彦、
コンスタン(コンスタン・ニーヴェンホイス)、岡本太郎、セドリック・プライス、
エットレ・ソットサス、スーパースタジオ、瀧澤眞弓、ウラジーミル・タトリン、ブルーノ・タウト、
ジュゼッペ・テラーニ、山口晃、山口文象(岡村蚊象)

特別展「インポッシブル・アーキテクチャー」特設ウェブサイト 展覧会チラシ(PDF:4.3MB)

基本事項

会期 2019年9月18日(水)~12月8日(日)
開館時間 10:00~17:00
※入場は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(ただし、9月23日、10月14日、11月4日は開館)、9月24日(火)、
10月15日(火)、11月5日(火)
観覧料 一般1,200円(1,000円)、大学生900円(700円)、
高校生・65歳以上600円(500円)、中学生以下無料
※( )内は前売り及び30名以上の団体料金
※11月3日(文化の日)は全館無料
前売り券の取り扱い場所一覧
主催 広島市現代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
監修 五十嵐太郎
協賛 ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
協力 Estate of Madeline Gins / Reversible Destiny Foundation
後援 広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送

関連プログラム

「インポッシブル」ってどういうこと?
インポッシブル・アーキテクチャーを楽しく学ぶ3つのプログラム・シリーズ

|その1|「インポッシブル」ってなに?
2019年10月13日(日)2019年12月1日(日) 14:00~16:00
[対談] 建築の不可能性と可能性とは?

講師:五十嵐太郎(本展監修者、東北大学教授)×浅子佳英(建築家、デザイナー)
会場:地下1階ミュージアムスタジオ
定員:120名
※要展覧会チケット(半券可)、当日10:00より受付にて整理券配布

※モカパス会員は優先参加が可能です。モカパス


|その2|なんて素敵な「インポッシブル」!
2019年10月20日(日)14:00~15:30
[講演会] 紙上&夢想の建築にみるロマン─ロシア・アヴァンギャルドの建築からメタボリズム、そしてザハ・ハディドまで。

講師:本田晃子(岡山大学社会文化科学研究科准教授)
会場:地下1階ミュージアムスタジオ
定員:100名
※要展覧会チケット(半券可)、当日10:00より受付にて整理券配布

※モカパス会員は優先参加が可能です。モカパス

|その3|建たないんだったら、つくっちゃおう。
①2019年11月9日(土)13:00~15:00、②11月10日(日)13:00~15:00
[ワークショップ]「もし実際に建ったとしたら?」を想像して工作してみよう!

本展で紹介している建物がもし実際に建ったとしたら、なかに置かれる椅子や机などのインテリアはどのようなものでしょうか?デザインを考え、色々な素材を使い、不思議な小さなインテリアをつくってみましょう。つくったものはお持ち帰りいただけます。
会場:2階講座室
定員:各回15名
参加費:500円
対象:小学4年生以上(大人も歓迎)
※要事前申込、応募者多数の場合は抽選

※モカパス会員は優先参加が可能です。モカパス

[申込方法]
下記応募フォームから、または往復はがきに、参加希望の回(①または②)、参加希望者の氏名(1通につき3名まで)、年齢、住所、電話番号を明記の上、ご応募ください。
往復はがき宛先:
〒732-0815 広島市南区比治山公園1-1 広島市現代美術館「インポッシブル・アーキテクチャー展ワークショップ」係
締切:2019年10月16日(水)必着


参加希望日 (必須) ①11月9日(土)②11月10日(日)
参加者全員の氏名・年齢 (必須)
*記載は3名まで

例:現美 太郎(18才)
メールアドレス (必須)
電話番号 (必須)
例:082-264-1121
住所

※携帯メールで応募の場合は、当館アドレス(hcmca@hcmca.cf.city.hiroshima.jp)からのメールを受信できるよう設定してください。
※応募後、当館からの内容確認メール(自動返信)が届かない場合は、お手数ですがメール受信設定をご確認の上、再度ご応募下さい。
※登録頂きました内容は、当イベントに関するご連絡以外の目的では使用致しません。
※当該個人情報は、法令で定められた場合を除き無断で第三者に情報提供することはございません。



2019年9月21日(土)、11月23日(土・祝)いずれも14:00~15:00
学芸員によるギャラリートーク

本展担当学芸員が展覧会について解説します。
※要展覧会チケット、申込不要


毎週土曜、日曜、祝日
各日11:00~11:30 および 14:00~14:30(対談、講演会、トーク開催時は除く)
アートナビ・ツアー

アートナビゲーターが展覧会について解説します。
※要展覧会チケット、申込不要


モカパス会員の関連プログラム優先受付についてモカパス

モカパス会員は上記関連プログラムの優先参加が可能です。申込方法等詳細はこちらをご覧ください。
【申込締切日】
■[対談] 建築の不可能性と可能性とは?/2019年10月3日(木)
■「ワークショップ]「もし実際に建ったとしたら?」を想像して工作してみよう!/2019年10月6日(日)
■[講演会] 紙上&夢想の建築にみるロマン/2019年10月10日(木)

行かなくちゃ!瀬戸内3県ケンチク展

瀬戸内の近隣3県(広島、香川、岡山)でこの秋にケンチク展を開催します。3館すべての展覧会をご覧になり、スタンプを集めた各館先着30名様に素敵なプレゼントを贈呈!
※スタンプは受付で押印します。
※スタンプは「行かなくちゃ!瀬戸内3県ケンチク展」チラシの裏に集めてください。

・広島市現代美術館 hiroshima-moca.jp
インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史」(2019年9月18日(水)~12月8日(日))
・香川県立ミュージアム pref.kagawa.lg.jp/kmuseum
「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」(2019年9月21日(土)~12月15日(日))
・倉敷アイビースクエア アイビー学館 urabeten.jp
「建築家 浦辺鎮太郎の仕事 倉敷から世界へ、工芸からまちづくりへ」(2019年10月26日(土)~12月22日(日))

市内2館との観覧料相互割引企画について

・広島県立美術館 hpam.jp
入城400年記念 広島浅野家の至宝―よみがえる大名文化―」(2019年9月10日(火)~10月20日(日))
「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」(2019年11月2日(土)~2020年1月26日(日))
・ひろしま美術館 hiroshima-museum.jp
ポーラ美術館×ひろしま美術館共同企画 印象派、記憶への旅」(2019年8月10日(土)~10月27日(日))
「岸田劉生展 写実から、写意へ」(2019年11月9日(土)~2020年1月13日(月・祝))

上記展覧会のチケット半券提示で、本展観覧料が100円割引になります。
また、本展チケット半券を提示すれば、上記展覧会が100円割引になります。
※1枚につき1名様限り有効です。
※所蔵作品展(コレクション展)は対象外です。
※割引の併用はできません。

映像制作・監督:長倉威彦
CG:アンドレ・ザルジッキ、長倉威彦、ダン・ブリック、マーク・シッチ《ウラジーミル・タトリン、第3インターナショナル記念塔》CG映像 1998

ヤーコフ・チェルニホフ『建築ファンタジー 101のカラー・コンポジション、101の建築小図』より挿図 1933 個人蔵

村田豊《ソビエト青少年スポーツ施設》模型写真 1972頃 村田あが蔵、
協力:文化庁国立近現代建築資料館

黒川紀章《東京計画1961―Helix計画》模型 1961 森アートコレクション、東京 写真:大橋富夫

藤本壮介《べトンハラ・ウォーターフロント・センター設計競技1等案》周辺図 CG画像 2012

ザハ・ハディド・アーキテクツ+設計JV(日建設計、梓設計、日本設計、オーヴ・アラップ・アンド・パートナーズ・ジャパン設計共同体)《新国立競技場》構造用風洞実験模型、高さ75mのプラン(1:300)、協力:設計JV(日建設計、梓設計、日本設計、オーヴ・アラップ・アンド・パートナーズ・ジャパン設計共同体)

会田誠《シン日本橋》
クレヨン、アクリル絵具、紙
2018-2019 作家蔵 ©AIDA Makoto / Courtesy of Mizuma Art Gallery

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS

メールニュース