特別展ディン・Q・レ展:明日への記憶


カンボジアとの国境に近いベトナムのハーティエンに生まれたディン・Q・レ(1968年-)は、クメール・ルージュ(ポル・ポト派)の侵攻を逃れるため、10歳の時、家族とともにアメリカに渡りました。大学で写真とメディア・アートを学んだ後、ベトナムの伝統的なゴザの編み方から着想を得た「フォト・ウィービング」シリーズを発表し、一躍注目を集めます。ハリウッド映画のイメージやベトナム戦争の報道写真などを裁断し、異なるイメージを幾層にも編み上げたこれらの作品は、幼い頃にベトナムを離れ、アメリカ文化の影響を受けて育った自らのアイデンティティの問題に根ざしたものでした。さらに国際的な評価を高めた作品《農民とヘリコプター》(2006年)では、自作のヘリコプターの開発に挑戦するベトナム人男性を中心に、ヘリコプターへの思いを語る人々のインタビューと、ハリウッド映画や報道フィルムから集めたベトナム戦争の映像を組み合わせ、ベトナム人と戦争との複雑な関係を描き出しました。現在はホーチミンを拠点に、綿密なリサーチとインタビューに基づいた映像インスタレーションを通して、人々が実体験として語る記憶に光をあてながら、戦争や移民の問題を独自の視点で扱った作品を制作しています。

ベトナム戦争終結から40年、そして日本にとっては戦後70年を経た今、見えない力によって世界が再び戦争への道を進むことのないように、戦争がもたらした様々な問題についてもう一度深く考えることが求められています。本展では、ディン・Q・レの創作活動を通して、これまで記録された歴史の陰で語られることのなかった個人の記憶に耳を傾け、私たちひとりひとりのこれからについて考えます。

「ディン・Q・レ」展 特設ウェブサイト展覧会チラシ(PDF:1MB)

ディン・Q・レ Dinh Q. Lê

1968年、ベトナム、ハーティエン生まれ。ホーチミン在住。1978年、家族とともにアメリカへ移住。1989年、カリフォルニア大学サンタバーバラ校にて美術学士課程修了、1992年、ニューヨーク視覚芸術学校美術修士課程修了。
主な個展にシャーマン現代美術基金(シドニー、2011年)、ニューヨーク近代美術館(2010年)、タフツ大学アートギャラリー(マサチューセッツ、2009年)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク、2005年)など。主な国際展にメディアシティ・ソウル2014(ソウル市立美術館)、ドクメンタ13(カッセル、ドイツ、2012年)、シンガポール・ビエンナーレ(2008年/2006年)、第50回ヴェネチア・ビエンナーレ イタリア館(2003年)など多数。

基本事項

会期 2016年3月19日(土) 〜5月15日 (日)
開館時間 10:00〜17:00
※入場は閉館の30分前まで
休館日 月曜日
※ただし3月21日(月・祝)は開館。3月22日(火)は休館
観覧料 一般1,030(820)円、大学生720(620)円、
高校生・65歳以上510(410)円、中学生以下無料
※( )内は前売りおよび30名以上の団体料金
※5月5日(木・祝)は高校生以下無料
前売り券の取り扱い場所一覧
主催 広島市現代美術館、中国新聞社
後援 広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送
企画協力 森美術館

関連プログラム

2016年3月19日(土)14:00~15:30
アーティスト・トーク

ディン・Q・レが自らの創作活動について語ります。
会場:地下1階ミュージアムスタジオ
※逐次通訳付、要展覧会チケット(半券可)、事前申込不要

2016年3月20日(日)、4月24日(日)14:00~15:00
学芸員によるギャラリー・トーク

担当学芸員が展覧会について解説します。
※要展覧会チケット(半券可)、事前申込不要

dinh_q_le_a4

ディン・Q・レ

《農民とヘリコプター》2006年
Collaborating Artists:Hai Quoc Tran, Le Van Danh, Phu-Nam Thuc Ha, Tuan Andrew Nguyen
Commissioned by Queensland Gallery of Modern Art, Australia
展示風景:「リフレクション:アートに見る世界の今」堂島リバービエンナーレ2009、大阪
写真:福永一夫

《おかえりなさい、サイゴンへ(「ミレニアムにはベトナムへ」シリーズより)》2005年
Courtesy of Elizabeth Leach Gallery, Portland

《無題(パラマウント)》2003年
Collection: Ann and Mel Schaffer Family, New York
写真提供:ベルビュー美術館、ワシントン

《傷ついた遺伝子》1998年
Commissioned by The Gunk Foundation, New York

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS