オープン・プログラム

多彩な表現活動について様々な方法による紹介を試みるオープンラボや美術館のパブリックスペースを利用した展示など、バラエティ豊かなプログラムを開催します。

現在開催中

オープン・プログラム夏のオープンラボ:タイルとホコラとツーリズム season6《もうひとつの広島(フィールド・オブ・ドリームス)》

谷本研(1973-)と中村裕太(1983-)は、路傍のホコラや土着の信仰に着目し、ツーリズムの観点でその生態を解き明かしていくプロジェクト「タイルとホコラとツーリズム」を2014年より継続して展開しています。土地の歴史や事物に向き合ったリサーチをもとに、独自のユーモアを交えて作品を生み出してきました。本展では、広島で行ったリサーチの成果を紹介します。

この展示の詳細情報を見る

現在開催中

オープン・プログラムツキイチ・ワークショップ2019

造形を通してアートに親しむワークショップ・シリーズです。各回、身近な素材を使って、自由な発想と工夫のもとに造形を楽しんでいただきます。お子さんはもちろん、どなたでもご参加いただけます。 *受付は終了の30分前まで。午後は

この展示の詳細情報を見る

次回開催

オープン・プログラムゲンビどこでも企画公募2019展

「ゲンビどこでも企画公募」は、美術館の無料パブリックスペースを開放し、館の新たな魅力を創出するオープン・プログラムです。建築家・黒川紀章が設計した当館の、展示室以外空間に着目し、それらの空間的特徴を活かした作品プランを募集します。絵画、立体、インスタレーション、パフォーマンス等、作品ジャンルは問いません。空間と作品が互いに魅力を引き出しあうことが審査の重要なポイントです。審査で選ばれた入選作品は11月に開催する展覧会で展示します。作品プランの応募受付期間は、6月23日(日)~8月23日(金)。詳細は特設ウェブサイトをご覧ください。

「ゲンビどこでも企画公募」特設ウェブサイト

この展示の詳細情報を見る

過去アーカイブ

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS

メールニュース