特別展秋山祐徳太子+しりあがり寿 ブリキの方舟


これまでに接点のなかった二人の共同展覧会!
ジャンルも世代も超えたコラボレーションが奇跡を起こす!?

秋山祐徳太子(1935年〜)は 1960年代以降、《ダリコ》をはじめ、ポップハプニングと称するパフォーマンスを展開、とくに1975年、79年の東京都知事選出馬はひろく知られ、選挙ポスターが作品として全国の美術館に収蔵されています。一方で、男爵や仏像をかたどったブリキによる彫刻作品を継続的に制作してきました。近年もエッセイの出版、ブリキ彫刻の新作を発表するなど、旺盛な活動を続けています。
しりあがり寿(1958年〜)は多摩美術大学卒業後、キリンビール株式会社にて、パッケージデザイン、広告宣伝等を担当し、1985年に『エレキな春』で漫画家としてデビューします。パロディーを中心にした新しいタイプのギャグマンガ家として注目を集め、1994年独立後は、不条理で終末的な世界を描いた作品などを次々に発表、マンガ家として独自な活動を続ける一方、近年ではエッセイ、映像、アートなど多方面に創作の幅を広げてきました。

これまで全く異なるアプローチをとりながらも、脱力的な身振りや、キャラクターを通して両者が展開してきた、親しみやすくも革新的な作品世界の類似性に焦点をあてることで、その笑いに潜む批評的な視座が浮かび上がります。異なる世代に属し、これまでにも接点のなかった二人がはじめて出会う本展では、両作家のこれまでの作品を振り返りつつ、新作同士が呼応する空間が展開します。

特設サイトにて映像ドキュメントなどを公開しています
特設サイト「秋山祐徳太子+しりあがり寿 ブリキの方舟」

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS