オープン・プログラム開館30周年記念イベント ゲンビ’s 30th BIRTHDAY

1989年(平成元年)5月3日に全国初の公立現代美術館としてオープンした当館。開館30周年を記念して、今年の5月3日は全館無料開放するほか、多彩なイベントも開催します。ゲンビのお誕生日にぜひ比治山にお出かけください。

イベントチラシ(PDF:3.5MB)

2019年5月3日(金・祝)
全館無料開放

開館30周年記念特別展「美術館の七燈」が無料観覧できます。

開館30周年記念特別展「美術館の七燈」特設ウェブサイト

2019年5月3日(金・祝) 10:00~17:00
ゲンビのエンガワ:食・音楽・癒し・遊び

家の内と外の間に在る“縁側”のように、現代美術と日々の暮らしの間をゆるやかにつなぐ場所「ゲンビのエンガワ」がムーアの広場に出現。ジャズやリコーダー演奏の音楽とともに、坐禅やヨガ、木の枝を使ったミニカー作りなど盛りだくさんな内容でお待ちしています。カフェマルシェも賑やかにオープン!(※一部有料)
エリア:のあそびムーア/まあるいムーア/かいだんムーア

場所:ムーアの広場
共催:SATOMACHI

「ゲンビのエンガワ」詳細情報はSATOMACHIのサイトで 「ゲンビのエンガワ」チラシ(PDF:2.6MB)

2019年5月3日(金・祝) 10:15~10:45、13:15~13:45
ゲンビそぞろ歩き:建築&彫刻 知ろうめぐろうツアー

普段とは違う道から建築を眺めたり、何気なく通過していた野外彫刻を注視したり。知られざるゲンビの一面を発見できるツアーです。

集合場所:アプローチプラザ
定員:各回60名

2019年5月3日(金・祝)、4日(土・祝)、5日(日・祝)
11:00~11:40、14:00~14:40、15:00~15:40(5日のみ)
ゲンビで紙芝居:読み聞かせのひととき

絵とおはなしを同時に楽しむ紙芝居。美術館で体験する紙芝居はまた違った魅力があるはず。子どもも大人も一緒になってワクワクしてください。
スケジュール
※内容は変更になる場合があります

場所:地下1階ミュージアムスタジオ
協力:株式会社 童心社、広島市こども図書館、ひろしま紙芝居村、あはは倶楽部、劇団まる、
劇団花子ちゃんとそのお友だち、ひらさと ひよこユニット、瀬戸内紙芝居、紙芝居サークル陽だまり

ゲンビなつかし福袋
[限定30個(展覧会期中)、3,000円(税込)]

美術館の個性が光るオリジナルグッズ。平成とともに歩んだ当館の時代感あふれる逸品をこの機会に大放出します。円形屋根の形を模したガラス製ペーパーウェイト、館ロゴ入りのトートバッグ、写真立て、メモ帳、レターセットという豪華アイテム一式が定価の半額以下に。驚きのお買い得福袋です!

「ゲンビのエンガワ」チラシ

野外彫刻マップ

紙芝居「ちっちゃい こえ」
脚本:アーサー・ビナード 
絵:丸木位里・俊「原爆の図」より

紙芝居「スイスイおよごうスイミング」
脚本・絵:かこ さとし

follow us
facebook
twitter
YouTube
RSS

メールニュース