フランシス・アリス Francis Alÿs


作家ポートレイト:2008、モロッコ、Photo: Roberto Rubalcava

1959年ベルギー、アントワープ生まれ。メキシコシティ在住。ヴェネツィアで建築を学んだ後、1986年にメキシコに渡る。建築家として活動をはじめるも80年代末よりアーティストとして作品制作を行う。メキシコをはじめラテンアメリカ社会の寓意に満ちた作品を制作、90年代後半より数々の国際展に出品している。ロンドンのテート・モダン(2010年)、ニューヨーク近代美術館(2011年)で大規模な個展が巡回開催。ドクメンタ13(2012年)に参加。

主な個展

2011年 ニューヨーク近代美術館、MoMA PS1(ニューヨーク)
2010年 テート・モダン(ロンドン)
ウィールズ現代美術センター(ブリュッセル)
2007年 ハマー・ミュージアム(ロサンゼルス)
2006年 ハーシュホーン美術館(ワシントンDC)
2005年 ナショナル・ポートレート・ギャラリー(ロンドン)
2003年 国立ソフィア王妃芸術センター(マドリッド)
2002年 ローマ現代美術センター

主な国際展

シャルジャ・ビエンナーレ11(2013年)
ドクメンタ13(2012年)
サンパウロ・ビエンナーレ(2010年、2004年、1998年)
ヴェネツィア・ビエンナーレ(2007年、2001年、1999年)
上海ビエンナーレ(2012年、2002年)
イスタンブール・ビエンナーレ(2001年、1999年)
ハバナ・ビエンナーレ(2000年、1994年)