美術館がまもるものと、
美術館をまもるもの

広島市現代美術館は1989年、公立館としては国内初の現代美術を専門とする美術館としてオープンしました。その30周年を記念し、活動の軌跡および、その基盤となった美術館建築を中心に紹介する本展では、これまでに当館が収集してきたコレクション、および活動を物語る資料を中心に、一部の参加作家による新作等を加え、全館を用いた展示を行います。観客、建築、場所、保存、歴史、逸脱、あいだ、といったキーワードを通して、その歩みを振り返るとともに、美術館の果たすべき役割、そして活動を支える諸要素を改めて捉えなおします。

休館日

月曜日

ただし、4月29日(月・祝)5月6日(月・休)は開館、
5月7日(火)は休館。

開館時間
10:00〜17:00(入場は閉館の30分前まで)
主催
広島市現代美術館、中国新聞社
後援
広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送
観覧料
一般1200円(1000円)大学生900円(700円)
高校生・65歳以上600円(500円)中学生以下無料※( )内は前売りおよび、30名以上の団体料金。
※5月3日(開館記念日)は全館無料。
※5月5日(こどもの日)は高校生無料。
一般1200円(1000円)/大学生900円(700円)/高校生・65歳以上600円(500円)/中学生以下無料※( )内は前売りおよび、30名以上の団体料金。
※5月3日(開館記念日)は全館無料。
※5月5日(こどもの日)は高校生無料。

開館30周年記念特別展

展示紹介

1章
2章
3章
4章
5章
6章
7章

「観客」参加によって成り立つ表現

言うまでもなく、観客の存在なくして、美術館は存続しえません。こうした美術館という場の特質を象徴するかのような、観客の働きかけや参加によって成立する作品を、本展のはじまりを飾るセクションで紹介します。

  • オノ・ヨーコ
  • 岡本太郎
  • 安部泰輔
  • アトリエ・ワン
  • 北山善夫

展示マップへ

オノ・ヨーコ《ウィッシュ・ツリー・フォー・ヒロシマ》

展示マップへ

「蔵とシンボル」美術館建築と野外彫刻

広島市現代美術館はそれ自体が建築家・黒川紀章によるひとつの作品でもあり、また、恒久設置される彫刻作品や館内の数々の意匠と一体となった、作品収蔵と鑑賞のための場でもあります。このコーナーでは、建築作品としての魅力をさぐると共に、家具やサイン計画といった意匠、さらには、建築と一体となった彫刻作品を中心に紹介します。

  • 横尾忠則
  • ヘンリー・ムーア
  • 友枝望
  • 黒川紀章
  • GK
  • 井上武吉

展示マップへ

井上武吉による階段モニュメント 1988

展示マップへ

3章 「ここ」広島、ヒロシマ

美術館とそれらが設置された場所とは切っても切り離せない関係にあります。加えて、広島が被爆都市としての意味合いを強調して語られるとき、「ヒロシマ」とカタカナで記されます。当館において、「広島」と「ヒロシマ」という2つの都市の名はいずれもが、活動の重要なテーマとなってきました。

  • 三宅一生
  • ロバート・ラウシェンバーグ
  • レオン・ゴラブ
  • ナンシー・スペロ
  • クシュシトフ・ウディチコ
  • ダニエル・リベスキンド
  • 蔡國強
  • オノ・ヨーコ
  • モナ・ハトゥム
  • アルフレド・ジャー
  • 若林奮
  • 工藤哲巳
  • 宮本隆司
  • 石内都
  • 野見山暁治
  • 灰谷正夫
  • 山路商
  • 小沢剛
  • ボイル・ファミリー
  • 都築響一
  • 横尾忠則
  • 芥川永

展示マップへ

小沢剛《地蔵建立―旧広島市民球場[広島県]》2009

展示マップへ

4章 「残すこと」作品の修復、コンサベーションの現在

美術館の重要な役割のひとつに、作品や資料の収集と保存があります。そうしたなか、現代美術における、伝統的ではない材料や技法を用いた作品や、まったく異なる考えに基づく作品の出現は、作品を残すということに、大きな課題を投げかけています。

  • 吉原治良
  • 丸木位里・俊
  • 田中功起
  • ナムジュン・パイク
  • 殿敷侃

※修復事業として、油画作品のニス除去を行います。(展示室内、不定期開催)
対象作品:吉原治良《COMPOSITION 53》1957

展示マップへ

田中功起《everything is everything》2005-06

展示マップへ

5章 「積み重ね」資料と関連作品による活動の記録

美術館の活動は、その連続性や積み重ねの中でその都度検討され、方向付けられてきました。当館の準備室が設置されてから現在までの歩みを関連作品や資料を交え、広島を拠点に活動するデザインユニット・又又(マタマタ)による構成で振り返ります。

  • 又又
  • 入野忠芳
  • 丸橋光生
  • 靉光
  • 佐古昭典
  • 入江早耶
  • 池田満寿夫

展示マップへ

開館告知チラシ 1986

展示マップへ

6章 「(リ)サーチ」探索と逸脱 田村友一郎による新作インスタレーション

歴史や背景を踏まえることと、想像によって飛躍させること。作家・田村友一郎は、場所や事物の背景を探りつつ、諸要素を空想的に結びつけた物語を紡ぎ、インスタレーション作品へと結実させます。本展では、当館の建築や開館当時の時代に関する探索と大胆な連想を展開させます。

  • 田村友一郎

展示マップへ

田村友一郎による参考イメージ

展示マップへ

7章 「あいだ、隙間、その他」隙間的スペースを活用した作品

通常の展示では用いないようなスペースの新たな活用案を募集する公募展「ゲンビどこでも企画公募」をはじめ、これまでに多くの作家が、空間を創造的に読み替え、展示を実現させてきました。こうした表現は美術館による旧来の枠組みにとらわれない表現の在り方を示しているのかもしれません。

  • 日笠保
  • もとみやかをる
  • 谷田真
  • チームやめよう
  • 竹之下亮
  • 松田るみ
  • 飯川雄大
  • 有川滋男

展示マップへ

飯川雄大《デコレータークラブプロジェクト「衝動とその周辺にあるもの」》2017

展示マップへ

関連プログラム

アーティスト・トーク
2019年3月9日(土)14:00~15:30

講師(予定)
有川滋男、飯川雄大、北山善夫、谷田真、田村友一郎、チームやめよう、友枝望、又又(いずれも本展出品作家)
場所
展覧会場(エントランスホールにお集まりください)

*要展覧会チケット、申込不要


ワークショップ1「ビュートレス」
2019年3月10日(日)10:30~12:30、 13:45~16:30

「ゲンビどこでも企画公募2017」展示風景

「ゲンビどこでも企画公募2017」展示風景

美術館の窓ガラスから見える風景をクレヨンでなぞります。できあがったものは、作品として展示されます。

講師
松田るみ(本展出品作家)
場所
エントランスホール
対象
どなたでも(未就学児は保護者同伴)

*参加無料、申込不要

松田るみ(まつだ・るみ)

美術作家。1980年長野県生まれ。2007年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科油画専攻修了。「私とは何か」という問いから制作を始める。在学中より、パフォーマンス、映像、インスタレーションを中心に活動を続けるほか、「世界」と「私」との関係性の中で、自身の立ち位置が変化すると同時に世界も変化することをテーマに、各地でビュートレスのワークショップを行う。ゲンビどこでも企画公募2017入選。近年の個展に「ポジション2017  介 - 生と死のあいだ」(名古屋市美術館、2017)、「When I am laid in earth -私が大地に横たわるとき-」(美濃加茂市民ミュージアム、2017)など。


ワークショップ2「生と死を考える」
2019年3月24日(日)10:30~16:00

ふじ・紙のアートミュージアムでのワークショップ
「死と生を考える」の様子

ふじ・紙のアートミュージアムでのワークショップ「死と生を考える」の様子

人の死亡に関連した新聞記事をもとに、そこから感じたことや考えたことを絵で表現し、あとで作文をします。ドローイング、作文は、北山善夫作品の一部として展示に加えられます。

講師
北山善夫(本展出品作家)
対象
中学生以上
定員
30名

*参加無料、要事前申込(応募者多数の場合は抽選)

北山善夫(きたやま・よしお)

美術家。1948年滋賀県生まれ、京都府在住。紙と竹による立体作品や、粘土で造った人体を精密に描写した平面作品によって死と生を強く探求する。1982年、第40回ヴェネツィア・ビエンナーレ(イタリア)出品。1983年、第2回バングラディシュ・ビエンナーレ出品、金賞受賞。2000年、越後妻有アートトリエンナーレ(新潟県)、2010年、第4回中国北京国際美術ビエンナーレなど国内外の展覧会に参加。主なパブリックコレクションに、国立国際美術館(大阪府)、広島市現代美術館、愛知芸術文化センターなど。1992年、日本芸術大賞受賞。2011年、京都府文化功労賞受賞。

[申込方法]

下記応募フォームから、または往復はがきに、ワークショップの名前、参加希望者の氏名(1通につき3名まで)、年齢、住所、電話番号を明記の上、ご応募ください。
往復はがき宛先:〒732-0815広島市南区比治山公園1-1 広島市現代美術館「特別展ワークショップ」係
締切:2019年3月1日(金)必着

応募フォーム


ワークショップ3「XXXではXXXを募集します」
2019年4月20日(土)①10:30~12:30 ②14:00~16:00

架空の職業の映像作品(部分)

「ゲンビどこでも企画公募2018」展示風景

架空の職業の映像作品をみながら自由に想像をひろげ、架空の社員募集要項をつくります。 できあがったものは会期中、展覧会で紹介されます。

講師
有川滋男(本展出品作家)
対象
小学5年生以上(大人も歓迎)
定員
各回15名

*参加無料、要事前申込(応募者多数の場合は抽選)

有川滋男(ありかわ・しげお)

アーティスト。1982年東京都生まれ。2006年、東京芸術大学音楽環境創造科卒業。2014年より2年間、アムステルダムのアーティスト・イン・レジデンスプログラム、ライクスアカデミーにて映像やビデオインスタレーション、写真作品などを制作。近年の主な上映歴に、ロッテルダム国際映画祭、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画祭、香港国際映画祭、バンクーバー国際映画祭など。ゲンビどこでも企画公募2018原久子賞受賞。

[申込方法]

下記応募フォームから、または往復はがきにワークショップの名前、参加したい回、参加希望者の氏名(1通につき3名まで)、年齢、住所、電話番号を明記の上、ご応募ください。
往復はがき宛先:〒732-0815広島市南区比治山公園1-1 広島市現代美術館「特別展ワークショップ」係
締切:2019年3月28日(木)必着

応募フォーム


パフォーマンス「うたをください」
2019年4月13日(土)11:00~

ダンサーの竹之下亮が観客の「翼をください」に合わせて踊ります。観客も歌って踊りながら 一緒に作品をつくる参加型パフォーマンスです。パフォーマンスの映像は会期中展示されます。

「ゲンビどこでも企画公募2011」パフォーマンスの様子

「ゲンビどこでも企画公募2011」パフォーマンスの様子

作家の言葉:

100人で「翼をください」を歌って、踊ります! みて、ふれて、うごいて、パフォーマンスを体験しませんか。 子供からお年寄りまで、誰でも大歓迎! 当日竹之下も、妻と娘(2歳)と一緒に参加します。 ぜひぜひ、お待ちしています。

出演者
竹之下亮(本展出品作家)
場所
彫刻の広場ほか(美術館周辺)
対象
どなたでも(未就学児は保護者同伴)

*参加無料、申込不要

竹之下亮(たけのした・りょう)

ダンサー。1977年熊本県生まれ。イスラエル在住。京都造形芸術大学芸術学科卒業。能楽を学びながら身体の面白さに目覚め、ダンスを始める。2009年、アーツチャレンジ2009(愛知県)にて舞踏部門入選。劇場に限らず、美術館や路上など場所の特性を活かしユーモアをまじえて踊る。ゲンビどこでも企画公募2011入選。2014年より、The school of Visual Theater(イスラエル)にて演劇を学び、Ta Opera Zutaの演劇作品に参加しイスラエル、東京公演を行う。


学芸員によるギャラリートーク
2019年3月16日(土)、4月27日(土)いずれも14:00~15:30

担当学芸員による展示解説

*要展覧会チケット、申込不要


アートナビ・ツアー
毎週土曜、日曜、祝日
各日11:00~ および 14:00~(トーク開催時は除く)

アートナビゲーターが展覧会について解説します。 本展は全館を用いた展示になるため、第一会場と第二会場に分けて会場全体をめぐります。

11:00~11:30 第一会場、11:45~12:15 第二会場
14:00~14:30 第一会場、14:45~15:15 第二会場

*要展覧会チケット、申込不要

学芸員によるレクチャーを受けた展示解説の専門スタッフ。展覧会を分かりやすく解説します。
?マークのバッジをつけて会場に常駐しているので作家や作品について気になることがあったら気軽におたずねください。

関連グッズ

価格:500円(税込)

サイズ:105×170mm

内容:ポストカード11枚(表紙含む)+ご挨拶ページ2枚

当館ミュージアムショップでお買い求めいただけます

※ 会期終了後の購入について
売り切れ及び価格が変更になる可能性があります。

ゲンビ検定

ゲンビ検定

Web限定企画 写真で振り返る30年→現在(いま)

ページのトップへ戻る